【FOOTISTA】WCCFカードの買取は終了する可能性が高い

WCCFカード 買取 終了

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日はWCCFカードの買取について書いていきたいと思います。

最初に結論を書くと、WCCFカードの買取が近いうちに終了する可能性が高いです。

正確にはちゃんとした値段が付いてのカードショップでの買取が終了する可能性が高いという感じです。

その理由について書きたいと思います。

WCCFカードの買取が終了する可能性が高い理由

理由は2つあります。

1つは主にQRコード付きカードですがFOOTISTAカードへの変換をしたかどうかがWCCFカードの状態では確認が出来ないからです。

そうなると、トラブルの元になるのでQRコード付きカードはFOOTISTAカードに変換しないと買取して貰えない可能性が高いです。

2つ目はQRコードないカードもAimeの数だけFOOTISTAカードを量産出来てしまうからです。

現時点では対象カードが白黒カードのみなので影響は小さいですが、今後は過去カードの開放が進むにつれてQRコードのないカードは価値の下落は加速します。

QRコード付きカードはFOOTISTAカードへの変換が必要になる

WCCFカードの買取が終了する可能性が高いと書いていますが、これはその名の通りWCCFカードの話です。

QRコード付きカードに関してはFOOTISTAカードへ変換後であれば買取はして貰えると思います。

ただ、上級レアカードや一部の強いカードを除くと変換するのに100円掛かるので変換してまで売る価値はないですし、お店もそれを考慮してくれるかは微妙なところです。(今のところは変換していれば150円買取くらいはしてくれるようですが)

実際、17-18のQRコード付きカードは変換していないと非常に安い値段での買取となっているカードショップが多いです。

QRコードがないWCCFカードは価値下落の可能性が高い

QRコードがないカードにつきましては価値が下落する可能性が高いです。

17-18の白黒カード同様に1Aimeにつき1枚は印刷出来るのでAimeの数だけ量産が可能になります。

例えばですが、LEジダン1枚とAime10枚あれば、1枚のWCCFカードでFOOTISTAカードでのLEジダンを10枚印刷出来てしまいます。

この為、WCCFカードは友達含めて1枚持っていればFOOTISTAカード作れるのでみんなが持っている必要がなくなります。

そうなると、今のような値段が付くのも難しいですし、変換後のカードもそんなに高値にはならない可能性が高いです。

WCCFカードを売却するならお早めに

15-16、16-17のQRコード付きカードは5月下旬のアップデートがあるとFOOTISTAカードへ変換しないと買取価格が大きく下がるので、売却を検討している人は早めの売却した方が良いです。

QRコードがない過去カードに関しても早めに売却した方が良いかなと思います。

今後は売却自体が難しいか、とんでもなく安い価格になってしまう可能性が高いです。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です