WCCF FOOTISTA発表によるカード価格への影響

WCCF FOOTISTA カード価格

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今回はWCCF FOOTISTA発表後のカード価格について色々と考えていきたいと思います。

カード価格については今後も乱高下が予想されるので、どんなことがあるとカードの価格に変化が起きるかを書いていきます。

過去事例を基に書きつつも未来の予想も書くので、その辺は個人的な意見と言うことでご了承ください。

WCCF FOOTISTA発表がカード価格に与えた影響

WCCF FOOTISTA発表はカード価格を大幅に値下げする要因になっています。

理由としては2つほどあります。

1つは過去カードが許諾調整中で使えるという保証がないこと。(使えるようにすると言ってるけど本当かな?と思われている)

2つ目はゲーム性が良くわからないので、とりあえず、手放しておく方が安全という点です。

まあ、人間心理的に変化が大きいので、高く売れるなら早めに売っといた方が良いかなというのはわからないでもないです。

今後、WCCF FOOTISTAがカード価格に影響を与えそうなこと

WCCF FOOTISTAが現状のWCCFカードの価格に影響を与えそうな要素は主に2つあると思います。

明後日からスタートするロケテでゲーム内容がある程度明らかになること。

カード自体がどれくらい重要なのか、選手の強さだけでなく、今のKP的な要素等がどう変わるのかで色々と影響がありそうです。

そして、もう1つは過去カードの対応進捗。

例えばですが、「17-18バージョンのカードは初期の段階からWCCF FOOTISTAで使えます。」というアナウンスが出れば17-18バージョンのカードは下げ止まります。(下手すると今よりは上がるかも)

その後はQRコードが付いてるカードは使えますとかあれば、13-14以降のレアカードは価格を持ち直しそうです。

理想の展開はこんな感じ

WCCF FOOTISTA関連で上記のような影響がカード価格にありそうですが、理想のシナリオはこうだと思います。

  1. ロケテがまあまあ好評でゲーム性がそれなり面白そう
  2. 過去カードで変換対応カードが発表される(QRコード有は完全対応で白黒も17-18はOKくらいまであると良い)
  3. 過去のQR無しカードも権利的にはOKだけど、データ作成があるので時間が少しかかると発表される

これくらい発表されるとカード価格への影響は極めて限定的になると思います。

カードショップに対して思っていること

個人的にはWCCFの盛り上がりはカードショップの頑張りと言うのも一因としてあったと思いますし、世の中を見てもトレーディングカードと呼ぶ以上はトレード出来る、相場があるというのは当り前です。

そう考えると、カードショップを排除するにしても過去カード含めて手に入れれる環境をSEGAが作り出す必要があると思います。

もし、そこが権利的にグレーなのであれば、カードショップにこれまで通り担ってもらうというのは悪くない選択肢です。

ちなみに、売買とかダメだから相場って概念無くそうは一番危険な発想で、ゲーム自体がよほど面白くない限りは不人気要因の一つとなり得るのでそれだけは止めてほしいかな。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です