WCCF FOOTISTA 2019 情報まとめ② 選手パラメータについて

WCCF FOOTISTA 2019 選手パラメータ

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今回はWCCF FOOTISTA 2019 情報まとめ2回目として、選手パラメータについて書きたいと思います。

こちらについては確定情報が今のところは出ていないので、WCCF FOOTISTA公式サイトWCCF FOOTISTA公式ブログを見てそこから得られる情報を基に推測していく内容が多いかと思います。

確定情報が分かりましたら随時更新していく予定です。

WCCF FOOTISTA 現時点で判明している選手パラメータ

現時点で表に出ているパラメータは下記の12種類

    • カードのレアリティ
    • ポジション適性
    • オフェンス
    • ディフェンス
    • テクニック
    • パワー
    • スピード
    • スタミナ
    • コスト
    • スキル
    • 安定感
    • ???怪我耐性

最後の「???」はWCCF FOOTISTA公式ブログの「オンデマンド印刷カードのクオリティは?」という記事にカード裏面が載っていて漢字4文字なのですがよく見えないので???としています。

※追記 「???」は怪我耐性でした!コメント、Twitterにて教えてくれた人ありがとうございます!

WCCF FOOTISTA パラメータの意味

これは公式情報じゃないので完全に予想ですが、レアリティとかポジション適性とかオフェンス等の各項目はそのままの意味だと思います。

気になるのはコストや安定感だと思います。

コストは今で言えばトータル数値を指しているのではないかなと思います。

コスト制限のある大会等が有るようなので、今のWCCFで言えばチームレギュレーションに影響する数値と予想されます。

安定感は調子の安定感なのではないかなと思います。

WCCF FOOTISTAのパラメータで大きく変わったこと① 各数値が100段階

WCCF FOOTISTA公式ブログの「オンデマンド印刷カードのクオリティは?」という記事にカード裏面が載っていますが、そこをよく見ると数値が大きくなっています。

画像が載っているラビオの数値を見ると

オフェンス 66
ディフェンス 76
テクニック 79
パワー 75
スピード 74
スタミナ 81
コスト 80

こんな感じで100段階になっています。(たぶんマックス100)

100段階だとめっちゃウイイレっぽいので個人的には20段階で良かったんだけどね~

WCCF FOOTISTAのパラメータで大きく変わったこと② ポジション適性、安定感等が判る

今までは秘書コメントや使ってみての使用感で判断していたポジション適性、安定感が表のパラメータになっており、あらかじめ判るようになりました。

ポジション適性はパラメータ同様に100段階っぽいです。

安定感はS~Dの5段階なのかな。

WCCF FOOTISTA 選手パラメータ まとめ

WCCF FOOTISTAのパラメータに関することをまとめると、まずは可視化を進めていることがわかります。

裏パラとして想像していた部分を可視化するというのはここ数年続いていたことですが、カードに記したり、それをより促進させる形になるようです。

また、このパラメータの可視化により、育成の明瞭化、戦術の組立易さアップ等を狙っているのではないのかなと個人的には思います。

とりあえず、育成も好きな私としては見えることが増えて凄く嬉しい限りです!

今後も色々と判明すると思うので、続報を待ちましょう!

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

6 Comments

ミハエル

よく見えない????は「怪我耐性」だと思います。
拡大して解読しました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です