WCCFの対人戦において重要なことは3つある

WCCF 対人戦

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日はWCCFの対人戦において重要なことを3つに分けて書いてみたいと思います。

私がWCCFの対人戦で重要と考えているのは下記の3点

  • KPの選択と切り替え
  • カードの配置、移動
  • チーム構成、選手選択

当たり前のことではありますがこの3点が重要なので具体的に書いていきます。

ちなみに、この記事は基礎編なので、強豪ガチ勢にはあまり役に立たないかもしれないですがその点はご了承ください。

WCCFの対人戦において重要なこと①KPの選択と切り替え

まず、最初に重要なのはKPの選択と切り替えです。

KPの選択は後述するチーム構成にも通じるものがありますが、最重要と言って良いです。

例えば、現在のWCCFにおいて守備KPで個人守備を全く使わないのは勝率を下げる行為と言っても過言ではありません。

CPUに勝つだけならどのKPでも大丈夫ですが、大会等の対人戦で個人守備重視を使っていないのに勝っているというプレイヤーはほぼ見ないと言って良いです。

ただ、オフェンスKPに関しては成熟すればある程度どのKPでも戦えるのではと感じています。

KPの切り替えに関しては分かりやす例を具体的に挙げると、コーナーキックの時にクロスセービングや降臨を入れること、スローインの時にロングスローにすること、その後に通常時のKPに戻すことなんかは相手のシュート止めたり、自分が得点する確率を上げる上では非常にウェイトが大きいと思います。

これらをスムーズに的確に選ぶことは勝率を少しでも上げるためには必要なことになります。

WCCFの対人戦において重要なこと②カードの配置、移動

カードの配置と移動に関してはオフェンスは使うKPによって大きく違うので、ディフェンスの基礎だけ書いておきます。

やはり、重要なのは相手がサイドなのか中央なのかです。

相手がサイドならある程度DFの間隔を開いてサイドをカバーする配置にします。

それでも突破されるなら相手の攻めてくるサイドのセンターバックとサイドバックだけ寄せることが重要です。

全員寄せるとセンタリングが上がった場合にCFWがフリーになる場合があるので止めた方が良いです。

中央を攻められてる時はDFの間隔を小さくする、カードを中央寄りにぴっちしくっつけることが重要です。

一見するとそんなに差がないんじゃないかと思いがちですが、プレイすると明らかに突破される確率が違うのでめんどくさがらずにこまめに調整しましょう。

これらを基礎を基に相手の攻撃によってしっかりと適正な配置にカードを動かすことは勝率を上げていく上では重要です。

WCCFの対人戦において重要なこと③チーム構成、選手選択

実は選手選考はそこまで重要と考えていないので3番にしました。

今のWCCFは誰を使うではなく、使った選手を最大限に活かす方法を知ってることが重要なゲームです。

その為、テンプレという概念は知っていたほうが良いけど、全部がテンプレである必要はありません。

その前提で少し書いてみます。

KPのところでも書きましたが、守備に関してはしっかりと人員を選ばないと痛い目を見ます。

基本的には個人守備重視を中心に守らざる負えないというのが現状かなと思います。

オフェンスKPは自分が使いやすい、強いと思ったKPをしっかり使い込んで特性を知ることが重要です。

まあ、ある程度数値の高い選手を選んでいれば大きく失敗することはないので、自分の好きな選手を選びつつ守備KPだけは上手くケアしておくというのが重要です。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です