バージョンアップ前に起きる危険なこと(パック切れ、ランダム配列、シャッフル)

WCCF バージョンアップ前

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

バージョンアップが5月下旬らしいので、後1ヶ月となりました。

ということで、今日はバージョンアップ前になると起きる危険なことをまとめたいと思います。

バージョンアップ前はカードの在庫調整等があって色々といつもと違うことが起きるのであらかじめ知っておくと良いかなと思うことを書きます。

バージョンアップ前に起きる危険なこと①パック切れ&シャッフル

バージョンアップ前になるとゲームセンターはカードの在庫を抱えたく無いので発注を渋ります。

在りがちなのが渋ったけど予想以上に稼働してカード切れするパターン。

まあ、最近は割とSEGAも寛容なので、バージョンアップ前は過去カードの排出や排出なしをしているお店が増える印象です。

最近は昔のカード排出することが少なくなっていますが、少し前までは07-08排出とか過去のバージョン排出されると普段よりドキドキしてプレイしてました。(レア割合が低いので撃沈することも多々あったけどw)

ただし、SEGA系列だと自社ゲームのため無茶は出来ないということで、過去カード排出とか排出なしとかしてくれないので稼働停止してる時とかあるので注意が必要です。

また、注意が必要なのが、8台を4台稼働に変えて、止めた台のカードを稼働している台にぶち込むシャッフル台があったりもするのでお店によっては注意が必要です。

バージョンアップ前に起きる危険なこと②ランダム配列

バージョンアップ前になると、SEGA側の在庫も調整が入るのか、見たことない配列が出現します。

しかも、そのパックは大抵が筋悪で上級レアカードがいないという残念パックになってたりします。

経験上、9割くらい残念パックなので、マジでランダム配列ぶち当たったら、その台でのプレイを止めることをオススメします。

バージョンアップ前に起きる危険なこと③稼働停止と排出なしぼったくり設定

バージョンアップ前に起きる危険なこと、最後はバージョンアップ前に起きる危険なこと①でも少し書きましたが稼働停止と排出なしぼったくり設定です。

稼働停止はその名の通りでSEGA系列に多いですが、カードが無いので、WCCF自体が稼働しないとか普通にあるので注意が必要です。

カード排出なしぼったくりはラウンドワン系列に多いですが、500円5~8クレジットくらいで排出なしという割高感満載の値段設定してくるお店があるので注意が必要です。

個人的には排出なしなら500円10クレジットが嬉しいです、最低でも8クレジットは欲しいところです。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です