WCCF FOOTISTA ターミナルが持っているカードに関する3つの機能

WCCF FOOTISTA ターミナル カード

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今回はWCCF FOOTISTAのターミナルが持っている6つの機能について紹介したいと思います。

とりあえず、ターミナルって何だよって人に簡単に説明すると、三国志大戦の横にある予約とか出来るやつです。

WCCFで言えば、センモニに近いものです。(たぶん、センモニは無くなります)

そのターミナルのカードに関する機能で紹介するのはこちらの3つ

  • ターミナル限定スカウト機能
  • データトレード機能
  • 二次元バーコードリーダー

ひとつひとつ説明していきたいと思います。

WCCF FOOTISTA ターミナルで出来ること(カード関連)① ターミナル限定スカウト機能

サテライトにもスカウト機能は実装されていますが、ターミナルにも実装されています。
それだけでなく、ターミナル限定のスカウト機能もあるとのことです。

限定スカウトに関しては3つ考え方があるかなと思っていて、1つはFGOアーケードやCOJにあるような10連等のまとめ買い機能です。

これを限定スカウトと呼ぶ可能性もゼロではないですが、それだけだと少し寂しい感じがします。

そこ考えられるもう1つの選択肢は期間限定スカウトイベント的なものです。

今まではカードプレゼントキャンペーンやエクストラカードキャンペーン、雑誌付録等で展開していたバージョンアップ時以外のカード追加がコードを配る形になってそれを入力、読み取りして印刷するのがターミナルという可能性があります。

※ただし、この場合はターミナルにプリンターが付いていることが条件になります

※コード入力だけさせるという可能性もあります。WCCFの場合、.netとか無理なんだけどというおじさんプレイヤーもいるので、ターミナルでカバーするとかは親切で良いと思います

また、ターミナル限定で月間MVPや先月の実績も基に能力変動とか移籍の反映等をしたカード追加をやる可能性もあると思います。

WCCF FOOTISTA ターミナルで出来ること(カード関連)② データトレード機能

機能自体には説明は必要ないと思いますが、恐らくデジタルカードのトレードをターミナル上で行い、印刷後の紙のカードは紐付けが外れていれば、ターミナルでQRコードを読ませて登録する形になるかと思います。

トレードに関して気になるのはトレード条件がどうなるのかってところだと思います。

例えば、★の数が違うカード同士でも合計が1対複数にすることでトレード出来るのか?

例 ★1×3枚:★3×1枚のトレード

トレードするのにお金が掛かるのか?

三国志大戦では今はどうかわからないですが、稼働時はコモン・アンコモンは無料、レアは200円、スーパーレアは500円、これとは別に印刷代が200円かかる仕様でした。

この辺りが個人的にはトレードで気になることです。

WCCF FOOTISTA ターミナルで出来ること(カード関連)③ 二次元バーコードリーダー

二次元バーコードリーダーに関しては今のWCCFでもお馴染みですが、WCCF FOOTISTAではサテライトにバーコードリーダーが無いので、ターミナルで操作することになります。

キャンペーンや付録のコードを読み取ったり、当然ながら紐付けの解除もターミナルで出来るのではないかと思います。

後はWCCFでは開発してなかったのかもしれないですが、WCCF FOOTISTAではありそうなのがデジタルアイテムをQRコード読ませて取得するとかもあるのではという気がします。

 

とりあえず、WCCF FOOTISTAのターミナルで出来るカード関連のことは以上になります。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です