カードの差し替えでKP組合せを変えて上手くチームを考える

KP組合せ

こんにちはWCCFブログあんてな管理人です。

今回はKPの組合せや試したいカードが良くなかった時のリカバリー等を考えながらチーム案を考える方法について書きたいと思います。

使用感ってどこまでいってもその人次第なところはあるので、出来るだけ自分で試した方が良いと思うので、そんな時に上手く保険を書ける方法を書きます。

たぶん、上級者の人は知ってると思うので初心者~中級者向きの記事になります。

カードの差し替えでKP組合せを変えることでリカバリーする

やり方は至って簡単でお試しカードがあった場合に同じ選手の違うカードや同じKPの違う選手を準備しておくことでそのカードの動きが悪かった時もカバーします。

後で例を出しますが、やり方は簡単でチームデッキの中に同じ選手で使用感がわかっているカードを保険で入れておく、それに加えてお試しカードのKPと同じKPのカードを16人の中に入れておくだけです。

簡単ですよね。

カード差し替えてKP組合せを変えるリカバリー例

最近、質問箱で多いのが14-15 OE SOCのロングパス重視のセルヒオ・ラモスは使用感どうなのでしょう?という質問です。

個人的にはそんなに他のラモスと大差ないと思っていますが、気になる人もいると思うんですよ。

その場合は上空の騎士を差し替え用に入れておくのと、パロワをベンチに置いとけば安心してテスト出来ると思います。

自分の中で動きが微妙と感じればラモスを上空の騎士に差し替えて、パロワをスタメンに入れれば良いと思います。

その場合、個人守備のレアKPが他の選手で使ってるかもなので、ディアカテ辺りをスタメンに入れておけば、ディアカテをベンチに下げて、パロワを代わりに入れれば当初案と同じKPに出来ます。

NEW8の場合はここで旧カード3枚使うので構成が厳しくなるとかありますが、そこは仕方ない部分かなと思います。

後は完成してるチームで解散しようとしてるチームで差し替えてユニトロ辺りで試してみるのも有効だと思います。

ざっくりした使用感はわかると思います。

カード差し替え使ってKP組合せを調整するとチーム案の幅が広がる

カード差し替えを使ってKPの組合せを調整出来るように組んでおくとチーム案の幅が広がります。

お試しカードも入れやすいですし、せっかく育てたのにこのチームダメだなとなりにくいです。

そういう意味ではこういう小ネタも混ぜながら上手くチームを構成するとWCCFを楽しめる幅が広がると思います。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です