WCCF 特別指導 意外に知られていない3つの攻略要素

WCCF 特別指導

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日は特別指導について書きたいと思います。

私も先日攻略wikiを読んで知ったのですが、実は以外に知られていない攻略要素があります。

今回はそんな特別指導の以外に知られていない3つの攻略要素を記事にします。

取り上げる攻略要素はこの3つ

  • ヒントメッセージの意味
  • 手本にするデジタルカードの登録枚数とレアリティ
  • 選手が現在身につけている追加能力と過去の特別指導経験

1つずつ説明したいと思います。

ヒントメッセージの意味

こちらについては以前から割と知ってる方も多いと思いますが、1行目が相性で2行目が獲得可能な追加能力の種類数、3行目が追加能力の系統となっています。

相性

相性については下記の順番で単純に良いので成功確率を上げるためにも相性良いものを選びましょう。

  • とても相性の良い選手です。
  • そこそこ相性の良い選手です。
  • 相性はまぁまぁといったところでしょうか…。

獲得可能な追加能力の種類数

獲得可能な追加能力の種類数は上から順に多いですが、数と言うより何が付くかなのであまり重要ではないかもしれません。

一応、上から順番に種類数が多いコメントです。

  • 選手に様々な可能性を与えられそうですね。
  • バランスのとれた指導になりそうですね。
  • 選手の迷いを払拭できそうですね。

追加能力の系統

実は一番重要でどういったタイプの追加能力を付くかがある程度把握出来ます。

とりあえず、言えるのは予測が難しいコメントはGKにタフネス間違いなしみたいなパターンだと思うので避けた方が良さそうです(笑)

・成功すれば戦術的な役割を理解するかもしれません。
⇒ポジションに関連した追加能力を獲得する可能性が高い

・成功すれば個の力が向上するかもしれません。
⇒個人技に関連した追加能力を獲得する可能性が高い

・どのような選手に成長するか予測が難しいです。
⇒上記に当てはまらないケース

手本にするデジタルカードの登録枚数とレアリティ

こちらは割と皆さん知っているかと思いますが、枚数とレアリティで成功率や上位の追加能力が付く確率が変わります。
攻略wikiの「上位の追加能力」は恐らく+や++を指してると思います

デジタルカードの重ね枚数が多いと成功率や経験値の伸び幅がアップしたり、+や++が付きやすくなります。

また、デジタルカードのレアリティが高いと+や++が付きやすくなります。

※レアリティはレア、黒、白だけでなくレアリティの中でも差が有り、LE系やMVP等の稀少価値が高いカードほどレアリティは高いです。

選手が現在身につけている追加能力と過去の特別指導経験

この部分、実は私も攻略wikiを読んで知りました。

現在身につけてる追加能力の+や++が出やすかったり、+や++の追加能力が既に付いてると他の追加能力の+や++が付きやすいようです。

また、過去の特別指導経験も影響しているとのことなので、付けたいタイプの選手がいる場合はタイプを揃えたりすると付きやすいのかもしれません。

※ファンタジスタ付けたい場合は色々な種類のHOLEバッジョで指導する等

特別指導 意外に知られていない3つの攻略要素 まとめ

攻略wikiの存在価値ってこういう情報にあると思います。

今回、監督年俸の記事を書いてる時に攻略wikiで調べていたら気になって読んでいたのですが、知らない情報が割とありました。

特別指導で言えば、重ねてると+が付きやすいとか感覚的には思っていましたが、こうやって公式情報で書いていただけると安心して重ねれるので凄く良いと思います。

WCCFは地味に色々な要素があるので、そういう秘密を少しずつ明らかにして深みを見せていくのは重要かなと思います。

これからも攻略wikiをたまに見て探してみたいと思います。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です