WCCF セルヒオ・ラモス 使用感比較

WCCF セルヒオ・ラモス 使用感

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

今日はセルヒオ・ラモスの使用感比較記事を書きたいと思います。

今回、取り上げるのは「12-13 黒(ロングパス重視)」「12-13 SPS(リベロディフェンス レイバリエンテ)」「14-15 OE SOC(ロングパス重視)」「15-16 SPE(個人守備重視レアKP 上空の騎士)」「16-17 WBE(パワープレイレアKP ウルティマ)」です。

他にも良いカードはたくさんありますが、今回はこの5枚を取り上げたいと思います。

質問箱でいただいてから気付いたのですがセルヒオ・ラモスの使用感比較はずっと前に書いたつもりでいましたが、書いてなかったので書きます

セルヒオ・ラモス基礎データ

一応、身長とか体重とか載せておきます。

セルヒオ・ラモス

生年月日:1986/03/30
身長/体重:183cm/75kg
国籍:スペイン
ニックネーム:カマスの王、ターザン
利き足:右

04-05 セビージャ

05-現在 レアルマドリー

身長、体重辺りはバージョンによって若干違うのでその点はご了承ください。

WCCFにおけるセルヒオ・ラモスの比較ポイント

セルヒオ・ラモスもプジョル同様にサイドバックからセンターバックへポジションを変えているのでバージョンによって数値の配分等が異なります。

ただ、今回取り上げるカードは数値的にはほとんど変化がないかなと思います。

取り上げた「12-13 黒(ロングパス重視)」「12-13 SPS(リベロディフェンス レイバリエンテ)」「14-15 OE SOC(ロングパス重視)」「15-16 SPE(個人守備重視レアKP 上空の騎士)」「16-17 WBE(パワープレイレアKP ウルティマ)」の5枚のカードはKPやレアリティが異なりチームのレギュレーションやコンセプトによって使い分けれるように選びました。

ちなみに、セルヒオ・ラモスは各カードで使用感自体はそこまで大きな差がなく、基本的にボールホルダーにチェイシング掛けることが多いタイプで空中戦は強くてセットプレイから得点に期待できる、こんな感じです。

セルヒオ・ラモス(12-13 黒 ロングパス重視) 使用感

12/19/14/18/16/16 total95
KP ロングパス重視
適性(CP/FK/CK/PK):A/A/A/A

12-13 黒のスペイン代表版(2.0追加)の黒カードのセルヒオ・ラモスです。

こちらは主に5Rチームの左サイドバックで使っているのですが、サイドバック本職では最後くらいの排出カードかなと思います。

使用感は守備がある程度安定していて、対人になった際にロングパスをKPとして使えるという点でも重宝しています。

最近の黒カードよりサイドバックで使った際のポジショニングが安定していると感じるので個人的には黒カードでは一番気に入っています。

セルヒオ・ラモス(12-13 SPS リベロディフェンス レイバリエンテ) 使用感

12/19/14/18/16/17 total96
KP リベロディフェンス(レアKP レイバリエンテ)
適性(CP/FK/CK/PK):A/A/A/A

16-17バージョンで最も使われて、最も値上がりしたカードです。

たぶん、300円くらいだったカードが最盛期は5,000円くらいまでいったんですかね。

右センターバックでの起用推奨。

現在の使用感で言えば、強烈なオーバラップとスタミナの持続は健在ですが、戻りが遅くなり、決定力にも少し陰りが見えるのでイチ押しとはいえない状況です。

データ対戦ではある程度活躍が期待出来ますが、対人では守備の穴を埋める工夫が必要な1枚となっています。

戻りが遅く調整されたので、前線奪取も以前に比べると弱くなってます。

セルヒオ・ラモス(14-15 OE SOC ロングパス重視) 使用感

12/19/15/18/16/16 total96
KP ロングパス重視
適性(CP/FK/CK/PK):A/A/A/A

16-17後半から使う人が増えていて、最近もU-5チームで割と見かける1枚。

ロングパス重視Gを使う時に白カードでNEW8適任が現在は居ないので、過去の白カード使うならセルヒオ・ラモスを使おうという選択肢で使われることが多いです。

使用感的には割とガツガツ前に出て行くし、空中戦強いしで、至って標準的なセルヒオ・ラモスです。

セルヒオ・ラモス(15-16 SPE 個人守備重視レアKP 上空の騎士) 使用感

12/20/14/18/16/16 total96
KP 個人守備重視(レアKP 上空の騎士)
適性(CP/FK/CK/PK):A/A/A/A

今、最も使われてる1枚かな。

16-17前半辺りほどではないですが、リベロディフェンスの衰退により、レイバリエンテではなく上空の騎士を使う人が増えてる印象です。

一応、守備は一番堅いかもという感じですが、まあ、そんなに変わらないかな。

レアカードを左サイドバックに置けるというのが最大のメリットと個人的には思ってます。

特にU-5では右攻め好きな人が多いのでメリットとなり得ると思います。

データ対戦では左攻めの全員攻撃が増えているので微妙かもです。

セルヒオ・ラモス(16-17 WBE パワープレイレアKP ウルティマ) 使用感

13/19/14/19/16/16 total97
KP パワープレイ(レアKP ウルティマ)
適性(CP/FK/CK/PK):S/A/A/A

このバージョンからキャプテン適性がSになりました。

このカード自体は16-17後半にパワープレイ要員で使われていましたが、現在はあまり見かけません。

今後もパワープレイが流行した際には出番があるかもな1枚です。

使用感的にはかなり上がりたがりなので、その点を上手くコントロールする必要が17-18ではあると思います。

セルヒオ・ラモス使用感比較まとめ

セルヒオ・ラモスは使用感自体の差は少なくKPによる差が大きい1枚です。

しかも、KPが超多彩なため、人によって使い方がかなり異なる面白いカードですので、みなさんも色々と試してみてください!

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です