フランク・ライカールト 使用感(10-11 ATLE)

ライカールト 使用感

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

今日はオランダトリオとして、バルセロナの監督としてもお馴染みのフランク・ライカールトの使用感について書きたいと思います。

WCCFでライカールト自体は10-11で登場以来そこまで大人気ということはありませんでしたが、16-17でダイナモの効果がチーム全体に変わると一気に人気カードになりました。

WCCF 17-18ではダイナモの効果は戻りましたが使用感の良さから今でも人気カードとなっています。

ちなみに、ダイナモの効果意外にも16-17から17-18になり感じている変化もあるので、その辺りも書きたいと思います。

フランク・ライカールトってどんな選手?

ウィキペディア読んで初めて知ったのですが、実はアヤックス時代にクライフと揉めて退団していたり、移籍も揉めてスポルティングに移籍したものの1試合も出ないでサラゴサにレンタル移籍。

その後はミランに移籍して、みんなが知ってるオランダトリオとして活躍。

晩年はアヤックスに戻り、ファン・ハールのもとで若き頃のダビッツやセードルフと共にチャンピオンズリーグ優勝で引退という選手生活でした。

実はバルセロナに選手として在籍したことはないってことを初めて知りました。

豆知識ですが、実は子供の頃はFWで憧れの選手はマリオ・ケンペスだったらしいです。(WCCFで特殊連携とか付いてるかな?)

フランク・ライカールトの使用感

ライカールト 使用感

全員攻撃5Rチームの真ん中ボランチで起用しました。

KPは追撃の号令、クリーンファイト、ブラックスワンです。

フランク・ライカールト(10-11 ATLE)
生年月日:1962/09/30 (54歳)
身長/体重:190cm/80kg
国籍:オランダ
ニックネーム:フランク、パイン
利き足:右
数値 不明
KP ダイナモ(レアKP ブラックスワン)
トレーニングメニュー:メンタル大成功
求める役割:リーダー大成功

まず、冒頭に書いている17-18から変わった部分ですが、シュートが下手になりました。

ライカールトに限らずビエラ等のボランチ全般に言えるのですが、全員攻撃等で合わせる場合にシュートが枠外にいくことがたまにあるので、その点は弱体化していると感じます。

また、ライカールトに関してはKPダイナモのレアKPを重宝していた部分もあるので、ダイナモの効果が個人に変わったのも弱体化要因と言えそうです。

こんな感じで17-18になって弱体化しているものの、それを補って余りある良さがあるのも事実です。

やはり、真ん中で起用した時のボール奪取力と守備範囲の広さは魅力的です。

空中戦の強さも特筆すべきものがあるので、16-17が強すぎただけで、今でも強いことに変わりはないと言えます。

PKも今のところあまり外さないので問題無さそうです。

ブラックスワンを使う必要性はそこまでないですが、普通に守備を考えて真ん中のボランチにライカールトは今の状況なら今年も公式大会で見られるのではないかと思います。

ライカールトの使用感 最終評価

シュート精度とKPは弱体化しましたが普通に強いので今年も公式大会で使う人はいるのではないかなと思います。

ディフェンダーにディアカテ入れてレア枠余っていて使い道に困ってるなら、とりあえず、ライカールト入れとくは有りだと思います。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です