パニーニフットボールリーグ(PFL)の失敗から学ぼう

パニーニフットボールリーグ(PFL)

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

今日は去年の9月にサービスを終了しているパニーニフットボールリーグ(PFL)の失敗を分析してWCCFはどうなのかなということについて書きたいと思います。

ちなみにパニーニフットボールリーグ(PFL)はコンビニ等でカードを買ってPC・スマホでカードを登録して遊ぶという家庭版WCCF的なゲームでした。

 

パニーニフットボールリーグ(PFL)が失敗した3つの理由

パニーニフットボールリーグ(PFL)が失敗した理由は3つあると思います。

  • カードラインナップ、バランス調整が悪かった
  • 課金の仕組みが悪かった
  • 映像のクオリティが低すぎた

 

カードラインナップ、バランス調整が悪かった

基本的にWCCF同様にシーズンに合わせてカードが出ており、年に3~5回くらいですかね随時追加がされるという流れでした。

世界のクラブチームからカードが出てくるという点も同様です。

レジェンド等のカードもありました。

ただ、レジェンドの枚数が少な目で同じ選手のレアカードが複数種類あり、WCCFほど歴史がないので、新規カードの選手数は一緒でも選手収録数自体が少なく感じました。

後はバランス調整があまり良くなくて、MVPクラスのなかなか引けないカードですら3枚重ねないとそこまで強くないという点、新カードが基本的に強い点から重課金仕様でした。
恐らくWCCFと掛け持ちしているユーザーが多かったので、ユーザー層はWCCFに類似していたのではと思いますが、その点からも重課金仕様があまり受けが良くなかったと予想されます。

 

課金の仕組みが悪かった

カードパックの販売しか課金の仕組みがなく、結果的にその間口の狭さからゲーム自体が重課金仕様になった感があります。

月額課金やイベント等での課金、雑誌付録等での広告収益がしっかりと作れていれば違った展開も考えられたのではないかと思います。

 

映像のクオリティが低すぎた

途中からスマホ対応をしたのですが、サッカーゲームに限らないのですが他のゲームのクオリティが上がっていくなかで厳しかったというのはあると思います。

ゲームにおいて映像のクオリティはある程度重要ですので、最低限は満たさないといけないのだろうなと思います。

 

パニーニフットボールリーグ(PFL)と比べてWCCFはどうなのか?

WCCFに関して言えば、かなりPFLを研究していると思います。

例えば、Jリーグのカードを絞っている点なんかはパニーニフットボールリーグ(PFL)のJリーグ版の失敗を見ての判断もありそうです。

他にもデジカ重ねる点なんかも、選手自体の強さには影響しないようにしているので、重課金仕様にならないように意識しているのではないかと思います。

また、課金の間口を広げるという点ではカード追加購入が実装されていたり、次のバージョンでゲーセンでのアイテム課金を考えているようなのでPFLの失敗を意識しているかもです。

後は、そろそろ映像のクオリティを上げないと厳しいのではないかなという気がしています。

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

1月にWCCFブログあんてな杯という大会を開催します。

大会参加希望の方はリンク先にてコメントでお願いします。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です