WCCFカードのオリパ(オリジナルパック)購入は自己責任

wccf オリパ

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

昨日はTwitterで時間ないからパック切れして諦める未来が見えるって呟いたらマジで11クレジット目にパック切れして12クレジットでレアも引かずに帰るがっかり展開でした。。。

本題に入ると、今日はオリパについて書きたいと思います。

オリパに対する考え方から良質なオリパを見抜く方法までオリパに関する色々なことを書きたいと思います。

WCCFカードのオリパって何?

明確な定義はないですが、私の中では個人が販売しているオリジナルパック(WCCFカードくじ)のことをオリパと定義しています。

カードショップで売っているくじと内容的には一緒ですが、お店で売っていればくじだし、個人が売っていたらオリパかなと思っています。

WCCFカードオリパのメリット、デメリット

オリパについては個人が販売するものなので、お店のくじに比べてメリット、デメリットが多く存在します。

メリット

まずはメリットですが、お金の損得度外視でめちゃくちゃ豪華な場合がある。

これは販売してる人にもよるのですが、マジでこんなラインナップでやって大丈夫?と思ってしまうような大判振る舞いしてる場合もあります。

デメリット

詐欺と言えるレベルのものがある。

最初から微妙だなというラインナップなら良いのですが、カードラインナップは豪華なのに実際には当りが入ってないとか、当りは身内に販売してたりというパターンもあるので注意が必要です。

最悪の場合は買ったのに届かないとか、登録済カードが来るとか、訴えたら勝てるレベルのガチな詐欺もあるので注意しましょう。

良質なWCCFカードオリパを見抜く方法

一番簡単なのは売ってる人を見て判断すること。

過去に何回も販売していて、評判が良い人は基本的に詐欺とかは無いので安心して良いと思います。(良いのが当るかどうかは別問題)

逆に炎上しているような人は基本的にヤバいと思います。

最終的には個人間のやり取りなので信用できる人から買いましょうとしか言いようがないかな。

WCCFカードオリパの注意点

まず、買う側ですがお店のくじ同様に基本的には当りもあれば外れもあるのでその点は覚悟しましょう。

また、販売してる人はボランティアでは無いので、10万円分のくじを売ったとしたら大抵は買取価格で7~9万円くらいのカードが景品だと思います。(逆に買取で7割以下のオリパは外れはかなり酷いので気をつけよう)

販売価格で見れば10万円を超えてることが多いのではないかと思います。

そういう意味では初心者はお店のくじ同様に割と積極的に買った方がお得かなと思います。

ちなみに、オリパはお店のくじと違い、何が起きても本当に自己責任ですので、そこは理解した上で購入をしましょう。

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

オススメグッズ

最近、オリジナルのデッキケース作りをするために色々と情報収集していたら、サッカー関連で面白いビジネスグッズを発見したので少しだけ紹介します。

日本未発売らしいので、ここでしか買えないかもです。

バルセロナの名刺入れ

各画像をクリックすると商品詳細を見ることが出来ます!



マンチェスターユナイテッド版もあります



注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です