対人で人気のオフェンスKP 使い方、評価をまとめてみた!

オフェンスKP 評価

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日は対人で人気のオフェンスKP(ダイレクトプレイ重視、ロングパス重視、スルーパス重視、ゲームメイク)の使い方と評価をまとめてみたいと思います。

各KPがどんなチームに向いてるかも含めて書いてみたいと思います。

対人で人気のオフェンスKP 使い方、評価をまとめてみた①ダイレクトプレイ重視

今、最も使われているかもしれないKPダイレクトプレイ重視です。

ダイレクトプレイ重視の特徴はサイドと中央の両方が出来ることです。

また、カード移動に対してスムーズに対応出来るKPという点も良い点です。

どんなチームに向いているかというと、人選というよりはプレイヤーのスタイルが重要でカード移動が上手い人、バンバン動かしたいと思っている人に向いているKPです。

逆にカード動かしたくないという人は中央攻めを繰り返す分には良いですが、それ以外はあまりダイレクトプレイ重視には向いてないかなという感じです。

▼ダイレクトプレイ重視の使用感詳細はこちら▼

対人で人気のオフェンスKP 使い方、評価をまとめてみた②ロングパス重視

ちょっと前まで1番人気だったKPです。

使い方は簡単でロングパス重視は基本的に逆サイドに向けてロングパスを蹴っていくのが良いです。

KPの動き的に弱体化とかはしていないですが、相手が慣れてきているので得点が決まりにくくなりました。

チーム的にはクリロナ等、前線でしっかり競り勝ててスピードもある万能型フォワードがいるチームにロングパス重視は向いています。

また、カード操作は単調なので、操作に自信がない人にもオススメです。

▼ロングパス重視の使用感詳細はこちら▼

対人で人気のオフェンスKP 使い方、評価をまとめてみた③スルーパス重視

スルーパス重視は最近ダイレクトやロンパスと併用で使う人が増えてきました。

スルーパスの魅力はDFの裏に良いパスが出ることです。

レアKPにしようとするとカード選定が難しくなりますが、通常KPであれば使用感の良い白もあるので使いやすいです。

バネガなんかは普通に使いやすいです。

質の高いパスを出せるボランチと足の速いFWがいるチームにオススメのKPです。

ちなみに、スルーパス重視はまだ使用感をまとめていません。

対人で人気のオフェンスKP 使い方、評価をまとめてみた④ゲームメイク

しれっと人気KPにゲームメイクを混ぜてみました。

最近、ゲームメイクはG付かなくてもそれなりに機能するようになりました。

そういう意味では使いやすいのですが、大会モードだと少し球離れがチーム全体で悪くなるのが残念です。

チーム的には徹底して地上戦なので、足元が強い、速い選手がいるチームにオススメです。

▼ゲームメイクの使用感詳細はこちら▼

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です