WCCFからFOOTISTAに変わってお金とプレイ時間がかなり変わりました

FOOTISTA お金

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日はWCCFからFOOTISTAに変わってお金とプレイ時間が変わったのでその辺りについて書きたいと思います。

WCCFからFOOTISTAになって変わったこと①お金

まずはFOOTISTAになって変わったこと1つ目はお金事情です。

割とネット上で多いのはFOOTISTAになってからお金の減るのが早くなったという意見です。

実際はどうなのかと言うと、お金の減るペースが変わったというだけな気がします。

カードが揃っていない最初のうちはスカウトを4回やるので、1試合で500円くらい減るのでお金の減りが早いです。

これにスカウトダブりからチケット化して、空いた枠でターミナルスカウトで引いたカードの印刷なんかが入ると600円以上使うこともあります。(最大で1試合800円使ったことあります)

ただ、カードが揃った後は1試合100円のみなのであまり減らないと思います。

排出なしで1プレイ100円と考えると高いと言われるかもしれないですが、新作で新筐体であると考えると安い方なのかなという気もしています。

お金に関しては総合すると大差ないかなという感じです。

WCCFからFOOTISTAになって変わったこと②プレイ時間

WCCFからFOOTISTAになって変わったこと2つ目はプレイ時間です。

WCCFの頃はレアカードが出るまでの感覚が12クレジット前後あり、500円5クレジット前後がワンセットの人が多かったと思います。

それにレアカードの配列が絡んで次が熱いとかなると、30クレジット以上プレイすることもあったはずです。

それに対して、FOOTISTAでは100円1プレイで特に配列もないですし、スカウトも引かなくてもOKなのでいつでも止められます。

実際どうなのかと言うと、私は明らかにプレイ時間短くなりました。

WCCFの時は基本的に追加排出なしで1レアカード分プレイ+配列が熱い時は追加排出しながらプレイという感じで2時間前後のプレイという感じでした。

FOOTISTAになってからは短い時は5試合くらいスカウトも回して終了するとかもあります。

今後はお金の予算1,000~2,000円くらいで考えていて、その中でスカウトするかどうかでプレイ時間が変わるという感じになりそうです。

WCCFからFOOTISTAになって変わったこと まとめ

今回はお金とプレイ時間について書いてみました。

お金に関しては最終的に特に変化はないかなと思います。

プレイ時間はFOOTISTAの方が自分で選択出来るので良いかなという感じです。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です