WCCFの対人戦におけるプレイヤー心理(ロンシュー、こぼれ球押し込み等)

WCCF 対人戦 心理

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

公式大会も近づいてきて、エントリーイベントも佳境です。

今週末辺りはグランドトロフィーでポイント加算するために対人戦をプレイする人も多いと思いますので、久しぶりにコラムっぽい感じで対人戦の心理についてでも書いてみたいと思います。

以前にロンシューに関する記事なんかも書いているので、この辺りも参考にしながら読んでいただけると幸いです。

ロングシュート(ロンシュー)について管理人が思っていること

超個人的な意見ですが、これに関しては全てSEGAが悪いと私は思ってます。

悪いところは2つあります。

1つはGKの戻りが遅いこと、現実のサッカーを見えばわかるけど、怪我していようが蹴られていようがGKはプレイが切れるまでは死ぬ気でポジションに戻ります。

戻らないときはマジで立てない、走れない時くらいです。

でも、WCCFでは起き上がってノロノロポジション戻るのでゴールマウスがガラ空きになります。

誰でもガラ空きのゴール見ればシュート打ちますよね?ってことでこれは昔からだけど早く修正してくださいとしか言いようがない話です。

もう1つはクリアボールダイレクトでDFとかがゴールに叩き込めるって現実に頻繁にあるの?って話。

私の記憶では50メートルとか離れていてもダイレクトでクリアボールをゴールに叩き込んだ記憶はピクシーくらいしかありません。(しかもベンチから革靴でw)

そんな超絶テクニックを白DFとかが見せれることに問題があるのだと思います。

普通に10本に1本くらいしか枠飛ばないようにすれば良いと思うんですよね。(テクニック18以上なら飛ぶとかね)

こんな感じでロンシュー問題なんて10年以上語られてる問題なので、SEGAが手を入れなかったこと、これに尽きると思います。

ロンシューに対してどう考えるべき?

SEGAが悪いと思いつつも現実には打たれると入ってしまいます。

そんな時にどう考えるべきか?

私は自分も打つなら打たれる覚悟をしておけと思っています。

自分は打つけど、相手に打たれたら怒るってのは少し違いますよね。

なので、自分も容赦なく打つんだと思ってる人は打たれてもそういうゲームだからねと流した方が精神衛生上も良いと思いますよ。

まあ、私は絶対打たないですけど。

こぼれ球押し込みについて

17-18バージョンになってからたまに議論になるGK弾いたボールを押し込むのはありなのかについてですが、今くらいの頻度ならありだと思います。

1.0の初期の頃は相手にちょうど打ってくださいと言わんばかりの川島級パンチングを世界の名手達が連発していましたが、今は修正されて割と誰も居ないとことや味方がいるところにパンチングするようになりました。

たまに、絶好のボールを提供することもありますが、10本に1本とかそれ以下の確率ですので、現実にもそういうことはあるので、それは気にせず打って良いのではと思います。

やられてしまった時は今日は自分が勝つ日じゃなかったと思って諦めましょう。

対人戦におけるプレイヤー心理(ロンシュー、こぼれ球押し込み等)まとめ

とりあえず、私が言いたいのは対人戦は相手も人間なので気持ちよくプレイしましょう!

そういう意味でも私はどんなにチャンスでもハーフラインとかからロンシューは打たないです。

勝つなら気持ちよく勝ちたいから。

それで試合に負けた、大会に負けたならそれまでの腕だったと考えています。

ということで、WCCFを楽しみましょう♪

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

2 Comments

LocalGuides

ロンシュー、押込みゴール
それらで
加点したとしても
試合の結果は
変わらない
のではないか?
と言う事を
ガチ勢の方が
話しているのを
聞いた事があります、
真相はいかに?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です