公式大会序盤戦はダイレクトG VS ロンパスG とビエラの使い方が鍵

公式大会 流行 KP

こんにちは、WCCFブログあんてなです。

昨日は公式大会を見学してきました。

枠に空きがあったのでワンチャン出れるかもと手を挙げましたが、あっさりじゃんけん負けました。(今年はくじ引きって聞いてたけど、なぜがじゃんけんw)

そこのお店は12サテライトあるので大会やってない4サテライトの方で育成しながら大会を観戦してましたので、気付いたことを簡単に書きますね。

オフェンスKPで多いのはダイレクトプレイ重視とロングパス重視

まあ、大会開かれる前からわかってはいたけど、普通にダイレクトプレイ重視かロングパス重視にG付けてる人が多いです。

そこにハイタワーやプルバック、クロス等を絡めてる人が多いですね。

ダイレクトプレイ重視はカード動かせる人は相変わらず中央との使い分けが上手いです。

ロングパス重視はドッカンパスが出にくい代わりにGKに取られないので、少し使いやすくなってる印象がありました。

ディフェンスKPとサポートKPは安定の個人守備とオーバーラップ

こちらも大きな変化はなく。

守備は完全に個人守備重視一強。

サポートKPは基本がオーバーラップで、稀に使ってない人が違うKP入れてるという感じです。

オーバーラップ以外のサポートKPは見ていましたが、試合中に特別良さそうなKPは見当たらない感じでした。

シュートセービングとか使ってる人もいるけど、あまり効果は無さそう・・・

初日に関してはビエラの使い方が勝敗を分けてた

私が見た大会では動いてるチームとそうじゃないチームの違いはビエラでした。

動いてるチームはビエラがオーバーラップで上がると、そこにボールが放り込まれて、それをポストプレイでビエラが落としてゴールというパターンがよく見られました。

逆に動きが悪いと前に出てきて、そこにセンタリングが出るけど、シュート打てず的な展開が多かったです。

ビエラがいかに得点に絡むかはチームの勝敗を大きく左右する要素になっていると感じました。

公式大会序盤戦 観戦まとめ

公式大会を見学しましたが、今のところは新しい戦術は出てきていないようです。

TwitterやグループLINEで聞いてもないので、まずは今までの延長戦上からスタートという静かなスタートなようです。

10月も下旬くらいになると色々な変化が起きるのかなと思いますので、また、1ヶ月後くらいにレポートしたいと思います!

オススメ関連記事

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です