オリジナル色が強いチームで勝てるチームを作るために大事なこと3つ

WCCF こだわりのチーム

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

今回はWCCFプレイヤーとしてある程度プレイしていくと誰しもが思う自分だけのチーム、みんながあまり使わない選手で勝てるチームを作るのに必要なことをまとめたいと思います。

基本的にデータ対戦を前提に書きますが、対人戦、大会等でも考え方は通じるものがあるかなと思います。

オリジナル色が強いチームで勝つ条件①KP・人選以外の勝てるチームの要素は満たす

勝てるチームはある程度の要素が共通しています。

オリジナル色を出すということはKPや人選においてはある意味こだわりを入れる必要があるので、勝てるチームの要素から外れてしまう可能性があります。

その場合、重要なのはそれ以外の要素は勝てるチームの要素を満たすこと。

理想を言えば、そこにプラスアルファを見出すことです。

KP・人選以外で勝てるチームの要素を満たすという点で重要なのは2つ、1つは連携を含む育成、17-18バージョンで言えば、スタメン全員がオール+1くらいが最低ラインかなという感じです。(FWのディフェンスやDFのオフェンス等は上がってなくても良いけど)

KPや人選でこだわるのなら最低でも育成・チームの成熟度で負けないようにする必要があります。

次に重要なのはチームの動き、これもデータ対戦で勝つ上では重要ですが、チームの動きが良い状態を見極める必要があります。

チーム全体の動きが良い状態を作り出せないとどんなチームもエリアで勝つのは難しいのでこの辺りはプレイしながら見極めるしかないという感じです。

オリジナル色が強いチームで勝つ条件②どこをこだわるかをちゃんと考える

言葉で表すのが難しいですが、目標に対してどれくらいこだわりの要素を入れるかを考えた方が良いです。

例えば、エリアを取りたいけど、ボローニャ縛り等はさすがに無謀と言わざる負えないです。

ボローニャ縛りは無理だけど、バッジョを輝かせて取りたいとか、バッジョ、パリュウカは入れたいくらいなら現実的かも。

要するに、オリジナル色出そうと言いつつ、大会勝ちたいとかエリア取りたいという場合はどこまで妥協をするかも現実的には重要です。

ただ、無謀と知りつつ、挑むのもプレイヤーとしては面白いのでそれはそれで否定はしないですし、応援したいくらいです。

個人的にはこだわりのチームで大会に勝ちたいという人は応援したいですが、負けた時に選手やチームの条件を言い訳するのは止めた方が良いと思います。

少し毒を吐くと、それって知っててそういうチーム作ったんでしょ?って話だから。

逆を言えばこだわりのチームでエリアベスト8で満足とか公式大会でグループ抜けれて良かったよ等は胸を張って良いと思います。

オリジナル色が強いチームで勝つ条件②本当に勝ちたいなら時間をかける

最後は当り前のことですが、こだわりのチームで勝ちたいなら時間をかけましょう。

テンプレって結局はたくさんの人が研究した結果をまとめてるものなので強いという現実があります。

それに対抗しようとしたら付け焼刃で勝つのはなかなか難しく、しっかりと時間をかける必要があります。

データ対戦でも公式大会でも複数任期に跨いで色々と試す必要があると思います。

オススメ記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

3 Comments

ディアボロス

動きの良い状態の基準が知りたいです。例えば高ランクが相手で点がたくさん入った時でしょうか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です