WCCFの付録商法はそろそろ改善した方が良い

WCCF 付録 改善

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日はWCCFの付録に関して書きたいと思います。

簡単に言えば、最近の付録は頑張りすぎじゃないかい?という話をしたいと思います。

最近の付録カードの傾向

最近の付録カードは通常排出と付録の関係が昔と逆になっています。

パウリーニョなんか良い例ですが、以前なら白カードが通常排出でブレイクスルーの黒やレアカードが付録というのが定番だったはずですが、現在は逆です。

デンベレなんかもレアカードがキャンペーンで白カードが付録と明らかにおかしなことになっています。

ムバッペに至ってはあれだけの大物でありながら、通常排出なしで付録のみでの供給になっています。

付録を豪華にすることによるメリット

年々、付録が豪華になっているのは間違いありません。

なぜ、豪華にするのか?それはお金が手に入るからだと思います。

しかし、ある時はGESエジルとか在り来たりなカードである時は白ムバッペとか差が激しいですが、金額の大小で違ってたりするのだろうか?

本題に戻すと付録を豪華にするメリットは表向きは新規ユーザーの開拓ですが、付録であまり開拓出来ていないことは明白であり、出版社からお金が貰える以外のメリットはないのではと思います。

逆を言えば、本来はキャンペーンは通常排出の目玉として出せばゲーセンに入るであろう売上を出版社に譲っているとも言えます。

まあ、お金出せば、必ず手に入るというのはメリットではあると思いますけど、心境としては微妙です。

付録を豪華にするデメリット

メリットのところでも書きましたが、通常排出が手薄になることでゲーセンの売上が下がるのが最大のデメリットだと思います。

売上が下がるだけでなく、ゲーム自体の魅力も下がるので結果的にゲームの評価が下がることにも繋がると思います。

本業をおろそかにしている感じがあるのはじぶんだけですかね。

付録商法を改善して欲しい

ゲームセンターの経営が厳しい昨今を考えると、付録で豪華なカードを出すのではなく、キャンペーンや通常排出で出してあげることで少しでも売り上げ貢献させるべきではないかと思います。

付録商法に力を入れる狙いがどこにあるのか割と謎です。

正直、SEGAが付録商法に力を入れるなら、キャンペーンに力を入れた方がゲーセンも喜ぶし収益的にも良いのではないかなと思います。

ブランディングや新規獲得に繋がっているのかをしっかり計測して運用した方が良いと思います。

付録売り上げを求めるなら以前も書きましたが「WCCF付録はHOLEビエリやATLE-RE福田的なモノが良い!」的なやり方や、今年ならプロシネツキのようなパターンが良いと思います。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です