WCCF付録はHOLEビエリやATLE-RE福田的なモノが良い!

WCCF 付録

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

今日はWCCFの付録カードについて書きたいと思います。

ここ数年、サッカー雑誌に付録がたくさん付いていて喜ばしいものから、この付録、需要あるのかな?的なものまで幅広くあります。

そんな付録についてこうあるべきではという意見を書きたいと思います。

 

WCCFカード付録のパターン

簡単にWCCFカード付録のパターンを挙げます。

大きく分けると4パターンあると思います。

  • 未排出白カード
  • 未排出レアカード
  • 白黒排出済選手のレアカード
  • 上級レアカードの未排出バージョン

 

未排出白カード

こちらは割と昔から定番で通常排出の枠に入りきらなかった選手が白カードとして排出されるパターンです。

最近だと、ミランのラパドゥーラやバルセロナのパコ・アルカセル等があります。

基本的にはそこまでシーズン中にそんなに活躍していない、もしくは活躍が終盤で通常排出から選外になってしまったのががメインとなります。

 

未排出レアカード

こちらはここ数年で増えているパターンです。

去年のデ・ブライネ、今年で言えばタイトルでも書いているATLE-REマサヒロ・フクダ、SS-REロビー・キーン等になります。

ロビー・キーンなんかは通常排出しても良いのではと思いますが、大抵は一部のユーザーに刺さるカードが多いです。

福田、ハワード、デンプシーなんかは典型な気がします。

 

白黒排出済選手のレアカード

通常レアのカテゴリー(ワールド〇〇とかSOC等)で選ばれなかった選手の追加パターンがメインです。

このタイプはかなりカードの良し悪しに波があるのが特徴で去年のWCBセルヒオ・ラモス(上空の騎士)みたいに爆上げするようなカードもあれば、1,000円の雑誌に付いている付録なのに100円で売られてしまうようなものもあります。

KPと希少性がカードの価値を左右することが多いので、ある意味、買うか買わないか悩ましいのもこのタイプだったりします。

検定ネスタとか、あんなに高くなるとは誰も思わないよね・・・(希少価値が高いタイプ)

 

上級レアカードの未排出バージョン

今週発売されるHOLEビエリ(ミラン)、去年発売されたHOLEバッジョ(インテル)がこれにあたると思うのですが、年に1回あるかないかのご祝儀付録です。

目的としては目玉プレイヤーだけど、排出量が少ないのでなかなか引けないという人に晩年のカードで能力は少し低いけど使えるよという感じの目的なのだと思います。

 

WCCF付録カードに求めること

こちら、思いっきり個人的な要望になりますがご了承ください。

付録カードは目的をハッキリさせるべき!

付録カードはWCCFとサッカー雑誌を繋ぐ大事なツールですので、目的をハッキリさせて計画的に付けるべきだなと思います。

私ならこんな感じで3つの目的を考えます。

  • WCCFへの新規ユーザー誘導
  • WCCFプレイヤーの稼働を上げるための盛り上げ目的
  • WCCFユーザーの雑誌購入誘導

 

WCCFへの新規ユーザー誘導

こちらのパターンはいつも雑誌を読んでいる人をWCCFに誘導するパターン。

メッシやクリロナと言った有名選手、ATLE-RE福田みたいなファンが使いたくなる選手を付録で付けてWCCFプレイしようかなと思わせるのが目的です。

ATLE-RE福田のようなタイプは新規だけでなく、最近プレイしていないユーザーを引き戻す効果もあると思います。

このタイプは比較的数を打ちやすいので、積極的に取り入れていきたい施策と言えます。

 

WCCFプレイヤーの稼働を上げるための盛り上げ目的

こちらは新規ユーザー誘導の強化版とも言えるパターンです。

具体例で言えば、今週発売されるHOLEビエリ(ミラン)、去年発売されたHOLEバッジョ(インテル)みたいなパターンです。

選手としても人気が非常に高く、ゲーム内でも目玉として排出されている選手の廉価版とも言えるカードを付けることで、ゲームを盛り上げる目的で付録を使うパターンです。

新規からヘビー、復活プレイヤーも含めて色々な人がWCCFに興味を持つ起爆剤的なパターンになります。

 

WCCFユーザーの雑誌購入誘導

これは完全にスポンサーありきのパターンです。

ある意味、付録カードの内容は玉石混交でピンキリありますが、恐らく、出版社からお金を貰って実施する形になるので、オファーがあればガンガン実施しましょうというパターンです。

 

まとめ

付録カードは他のアーケードゲームにはない強力な宣伝ツールですので、WCCFを継続していく上でも非常に重要だと思います。

今後も上手く活用してWCCFユーザーを増やして貰えればありがたいなと思います。

 

関連記事

▼あわせて読みたい▼


以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

1月にWCCFブログあんてな杯という大会を開催します。

大会参加希望の方はリンク先にてコメントでお願いします。

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら

4 Comments

あははらたは

タイトルでリアルサッカーの試合結果ネタバレしちゃってる人2人いますよ
あとブロガーさんじゃないけどコメントで試合結果書いちゃってる人もいます。リアルサッカーネタ書く時には1番最後にコメントで試合結果書かないでくださいって注意させたほうがいいんじゃないですか?

返信する
ディアブレス

申し訳ないのですが、全てのブログ、更にはいつ更新されるかわからないコメント欄を私が追うことは不可能ですので、
コメントに関しては各ブログを書かれている方が管理してください、というスタンスで考えています。

ただ、皆さん相互で連携しあって教えてあげていただけると私としてはありがたいです。

返信する
あははらたは

あ、すいません 2人の内1人はタイトルに書いてあるわけではなくタイトルにリアルサッカーネタと明記せずに内容で試合結果ネタバレしちゃってる人でした で、もう1人の方は具体的な試合結果はタイトルに書いていませんが、タイトル見ればどこが勝ってどこが負けたのか分かるようになってしまっています。

返信する
ディアブレス

過去にも書いていますが、具体的な試合結果が書いてなければ問題ないと考えています。

ヤフーニュース等の見出しでもそうですが、そこは執筆者がいかに記事を見たくさせるかというテクニックの部分ですので、制限するつもりはありません。

実際に今回の件で言えば、「悲報」という言葉でイタリアのことかな?と想像は出来ますが、それが正しいかはわかりません。
知りたければ記事を見るし、知りたくなければ、見ないで家で動画を負けたのかな?とドキドキしながら見る形になるので、
ユーザーのドキドキ感は喪失しないのではないかと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です