【写真付き】ゲームメイクで攻める時のカード配置はこんな感じ

WCCF ゲームメイク カード配置

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日は質問箱でもたまに来るゲームメイクのカード配置について書きたいと思います。

まあ、たいしたことはしていないですが、参考までに見ていただければと思います。

ついでに併用してる中央攻めのカード配置も一緒に載せておきます。

ゲームメイクでサイドを攻める時のカード配置

ゲームメイクでサイドを攻める時のカード配置はこんな感じです。

WCCF ゲームメイク カード配置

配置はボランチをカード横にして出来るだけ低い位置に置きます。

その上くらいにキープレイヤーのモドリッチを置きます。

ポイントはキープレイヤーのモドリッチを少し低めの位置に置くことです。

ゲームメイクは斜めに向かって出るドッカンパスが魅力なので、ウイングとキープレイヤーの距離を少し離してあげるとドッカンパスが出やすくなります。

また、離してあげることでDFがパスルート上に入ることが少なくなるのでパスの成功率も上がります。

ちなみに、ウイングの下辺りにキープレイヤーを置くと、ドッカンパスが出ないか、出てもDFにぶつかることが多いので良さがあまり活きないので注意が必要です。

ゲームメイクで中央を攻める時のカード配置

ゲームメイクで中央を攻める時のカード配置はこんな感じです。

ゲームメイク 中央

ゲームメイクで中央を攻める時の理想はゴールエリア脇辺りにスルーパスを通してショートクロスからダイレクトシュートを決めることです。

一撃必殺なのでなかなか出ないですが、出ればかなりの高確率でゴール出来ます。

中央にスルーパス出して得点を取ろうとするとパスが長いか速くて追いつく前に相手のGKに処理されてしまう可能性が高いです。

ただ、ゲームメイクは中央は苦手なのでダイレクトプレイ重視辺りを併用して、中央を攻める時はダイレクトプレイにするのも一つの手だと思います。

ちなみに画像にあるチームは中央攻める時はグリーズマンのダイレクトプレイ重視のレアKPショーテストルートを使っています。

ゲームメイク カード配置 まとめ

ゲームメイクは基本的にはサイドに展開するKPかなと思っています。

パスの質がダイレクトプレイ重視やロングパス重視とは異なるので、その特性を活かして攻めると良いと思います。

また、ゲームメイクは基本的にグラウンダーパスが多いので地上戦に特化したFWの選択をするのも良いかなと思っており、私のチームはグリーズマンとマシューズにしています。

公式大会もこのチームで行くので、この戦術がどこまで通用するのか楽しみです!

オススメ関連記事

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です