【FOOTISTA】撤去しているお店と増台しているお店の違いについて

FOOTISTA 撤去

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日はFOOTISTAを撤去しているお店と増台しているお店の違いについて書きたいと思います。

しかし、稼働から1ヶ月で撤去するのは早いですね。

FOOTISTAを撤去しているお店の特徴①設置台数が多いお店

実はFOOTISTAを今の時点で撤去しているお店には特徴があります。

まず、最初にあるのは設置台数が多すぎたお店です。

FOOTISTAとWCCFを比べた際にFOOTISTAで際立つのは売上瞬発力の高さです。

要は短期間に売上を稼ぐのはFOOTISTAの方が明らかに得意だったりします。

その反面、カード枚数が少なく配列もないので無駄に粘る必要もありません。

また、育成要素がほとんどないので長時間CPU相手に試合をするような人は少ないです。

対人戦を長時間やるのは疲れるのでそういう人もあまりいないようです。

その結果として、短期間に売上を作りやすいですが長時間プレイする人は減りました。

ということで、設置台数がたくさんはいらなくなったという感じで設置台数が8台以上とかのお店は減らしたりするお店が出ているようです。

FOOTISTAを撤去しているお店の特徴②大手チェーンのゲームセンターで稼働が悪いお店

稼働から1ヶ月くらい経って、お店ごとのユーザー数が見えてきました。

その結果、SEGAやTAITO等の大手チェーンはFOOTISTAを少し移動させているようです。

見ていると、TAITOがベースボールコレクションを3月下旬から4月上旬に入れるお店が多く、その関連でFOOTISTA減らしているお店が見受けられます。

また、台数が2台のお店なんかは増やしているのではないかなという気がします。

そんな感じでネガティブでもポジティブでもない理由で撤去しているお店もあると思います。

FOOTISTAを撤去しているお店の特徴③単純に売上が悪いお店

最後は残念ですが単純に売上が悪いお店はFOOTISTAを撤去しています。

とは言え、現状は増やしたいお店もあるので、中古で売却出来るからこそ撤去するという決断をしているとも言えます。

そういう意味では全体的に稼働が悪くゲームとして厳しい状況とは違うので、その点はポジティブかなと思います。

FOOTISTAを増台しているお店の特徴①設置台数が少なかったお店

今、増台しているお店で多いのは設置台数が少なすぎたお店です。

WCCFが6台以上あったのにFOOTISTA2台設置では夜や休日は待ちが出ます。

そうなると、増台しても良いかなと考えるはずです。

まあ、元々が6台とかでも待ちが出るようなお店なのにバージョン末期の稼働とロケテ見て台数絞れば設置が足りない状況になるので適正台数に増やしているという流れだと思います。

FOOTISTAを増台しているお店の特徴②大手チェーンのゲームセンターで稼働が良いお店

先ほどの大手チェーンで撤去した台をキャッチする側のお店です。

チェーン内で売上が比較的良いお店は増台されても不思議ありません。

チェーンならではの移動なので、これは売上最大化の一環という感じかなと思います。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です