FOOTISTA 今週発生したペナルティの理由判明 ネットワーク不良は対象外!

FOOTISTA ペナルティ ネットワーク

こんにちは、WCCF FOOTISTAブログあんてな管理人です。

今回は前回の記事で取り上げたペナルティについてSEGAから追加発表があったのでそのことについて書きたいと思います。

▼前回の記事はこちら▼

FOOTISTA 改善方向は良いのだけど、運営が残念・・・(今回のペナルティ等)

今回追加発表された内容(プレイ規約の更新)

今回、追加発表されたのはプレイ規約の更新です。

プレイ規約の更新と言いつつ、今回のペナルティの理由を書いているのだと思います。

内容はこちら

この度、プレイ規約の更新を行いましたのでご確認願います。


■更新内容

<マナー違反となる行為(例)>
に以下の赤文字2点を追記しました。


・正当な理由なく故意にランキングを操作する行為

故意にマッチングを操作する行為や、
 故意に試合の勝敗を操作する行為

・対戦プレイ中、故意にネットワークを切断する等の
対戦相手に対する迷惑行為
通信障害によるネットワーク切断は迷惑行為とは
みなしません

・設置店舗の運営に支障が生じる可能性がある行為

・その他当社が正常なゲーム運営を妨害すると認定した
一切の行為

・わいせつな表現、差別的表現、暴力・脅迫的表現、
グロテスクな表現、及びその他不適切な表現行為等、
公序良俗に反する一切の行為


プレイの際にはマナーを守り、プレイされる皆様が安心、快適にゲームを楽しんでいただけるように何卒ご協力をお願いいたします。

出典:FOOTISTA公式サイト

ペナルティを課した理由

上記のプレイ規約の更新内容を紐解いていくと、今回のペナルティを課した理由がわかります。

それは2つです。

  • 故意にマッチングを操作する行為
  • 故意に試合の勝敗を操作する行為

上記になります。

「故意にマッチングを操作する行為」に関しては意図的に対戦するようにマッチングを操作することを指しています。

今は出来ないと思いますが、過去には時間合わせると対戦出来るとかWCCF時代からありました。

「故意に試合の勝敗を操作する行為」は言葉そのままでわざと負けたりするのはダメですよ。

八百長禁止!ということです。

通信障害によるネットワーク切断は対象外

もう1つわざわざ赤文字入れてる場所があります。

それは「※通信障害によるネットワーク切断は迷惑行為とはみなしません」という部分です。

これは当初、色々な人が言っていた偶然の回線落ちをカウントしているのではということに対する回答だと思われます。

要するに故意に回線落としているのか偶然なのか、SEGAはわかっているということです。

なので、回線弱いから落ちるということに関しては怯えることなくプレイして良いと思います。

今回のSEGAの対応について

個人的にはとても良い対応だなと思っています。

ただ、ペナルティを課した時点で異論が出ることは想像ついていたと思うので、最初からこの説明があれば尚良かったのではないかなと思います。

新しい理由でペナルティを課す時は必ず説明した方が良いです。

そうしないと、言葉が独り歩きしてユーザーが不安になり、最悪はプレイヤーが減ります。

今回の場合であれば、回線弱くて落ちるのにペナルティ食らうという誤った情報が拡散されそうになっていました。

そういう意味ではSEGA的にも損をするので正しい情報を伝えるためにもしっかりと情報を発信した方が良いのではないかなと思います。

これからも楽しいFOOTISTAになるように頑張って欲しいです!

オススメ関連記事

 

以上、WCCF FOOTISTAブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitter等で紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCF FOOTISTAブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です