FOOTISTA QRコードがないWCCFカードは大暴落中!

FOOTISTA WCCFカード 暴落

こんにちはWCCFブログあんてな管理人です。

今日はQRコードがないWCCFカードのお値段について書きたいと思います。

昨日はフッティスタコラムの方でも触れていますがもう少し詳しく書きたいと思います。

QRコードがないWCCFカードの現状

フッティスタコラム「【フッティスタ コラム vol.53】QRコードないカードの暴落が半端ない(マロンの隠れ家さん買取表調べ)」でも書いていますが、QRコードがないWCCF 12-13バージョンの元高額カード、お値段はこんな感じになってます。

ディ・ステファノ 1,000/300

【HOLEロマーリオ】
ブラジル代表 1,200/200
バルセロナ 500/200
バレンシア 100/100
フルミネンセ 100/100

引用元:12-13カードのマロンの隠れ家さん買取表

左側がWCCFカード自体の買取値段で右側がFOOTISTAカードに変換したカードのお値段です。

FOOTISTAカードはAimeの数だけ変換出来るからなのか、カードのデザイン的にも微妙だからなのかWCCFカードより低いお値段となっています。

QRコードがないWCCFカードの暴落は凄い

上記でサンプルをあげましたが、QRコードがないWCCFカードの暴落は半端ないですね。

ディ・ステファノやセレソンロマーリオは値下がりしていたとは言え、FOOTISTA発表前の販売価格は5,000円超えていたので買取価格と2,000円以上していたと思います。

そう考えるとWCCFカードの暴落的には半分以下になり、FOOTISTAカードに関しては当時のWCCFカードの1/10くらいという感じです。

WCCFシリーズにおけるカードの重要性

WCCFシリーズにおいてカードは非常に重要なものでした。

特に最初の頃は200~300円でゲーム出来る上にカード貰えるというのがウリと言っても過言ではありませんでした。

高いカードは数万円、時には数十万円という時代もありました。

そう考えると、今のカード相場はカードとしてのコレクションは全く成立していません。

これで良いのかな?という疑問はあります。

個人的にはカードの価値は一定のラインを超えていないとゲームとしての存在価値が下がってしまうのではないかなと思います。

FOOTISTAにはただのカードゲームではなくて、大人の楽しみ的なカードコレクションの楽しみも残して貰いたいなと願っています。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitter等で紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

PR枠

こちらの枠は現時点では仲の良いサイト、個人的に気に入ってるサイトの記事を紹介していますが1記事に1枠掲載1,000円から販売中ですので、興味ある方はコメントよりご連絡ください。

リンク先+簡単な紹介文を掲載します。

ウイイレとFIFAは新作が8月~9月に出るので今のうちに旧作は売っておいたほうが良さそうです。

今なら1,000円以上くらいになるところが多いですが、新作出た後だと1,000円未満になると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です