【FOOTISTA】実はフォワードで重要なパラメータ(逆足精度、攻撃意識、ヘディングパワー・精度)

FOOTISTA 逆足精度

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日はフォワードで重要なパラメータについて書きたいと思います。

個人的に実は重要と思っているのは下記の3つです。

  • 逆足精度
  • 攻撃意識
  • ヘディングパワー、精度

FOOTISTA 実はフォワードで重要なパラメータ①逆足精度

個人的にはフォワードのパラメータでかなり重要と思っているのが逆足精度です。

FOOTISTAは今のとこと中央攻めがメインなので、縦に抜けた時に左右両足でシュートの精度が高いと非常に良いです。

逆足精度が低いと枠外に飛んでいく場合があるので、決定機でそれはかなり痛いのでフォワードは出来れば逆足精度Aであって欲しいです。

ちなみに、逆足精度はAとBでかなり違いがあるので今度シュートを打つ時に注目してみてください。

FOOTISTA 実はフォワードで重要なパラメータ②攻撃意識

フォワード、特にシュートを打つ機会が多い選手は攻撃意識がめちゃくちゃ重要です。

フォワードが迷走しないで動いてくれるかは攻撃意識にかかっていると言っても良いです。

攻撃意識が80未満だったりするとゴール前でパスを出したり、ディフェンダーを振り切ってるのにゴールに向かわない等の謎な行動を取る可能性が上がります。

フォワード、特にセンターフォワードは攻撃意識が高ければ高いほど良いかなと思います。

FOOTISTA 実はフォワードで重要なパラメータ③ヘディングパワー、精度

フォワードで重要なパラメータ3つ目はヘディングパワーと精度です。

サイドあんまり攻めないのに重要?って思ったと思いますが重要です。

なぜ、重要なのかというと、コーナーキックが割と得点源になるからです。

コーナーキック枠外はかなり痛いのと弱いヘディングで止められるのは厳しいです。

コーナーキックの際に割とフォワードが合わせることが多いのでヘディングパワーと精度は非常に重要かなと思います。

FOOTISTA 実はフォワードで重要なパラメータ まとめ

今回は実はフォワードで重要なパラメータを取り上げさせていただきました。

実は重要なので、当然ながら表向きはオフェンスとかスピードとか普通のパラメータもめちゃくちゃ重要です。

そこを抑えつつ、今回紹介したパラメータを気にしてもらえると選手選考が面白くなると思います。

そんな感じで自分だけのお気に入りフォワードを探してみてください。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です