FOOTISTAが2020になってWCCFに近づいてきたと感じる5つの要素

FOOTISTA WCCF

こんにちは、WCCF FOOTISTAブログあんてな管理人です。

今回は第2弾好評稼働中ということでFOOTISTAがWCCFに近づいてきているなと感じる要素について書きたいと思います。

しかし、FOOTISTA第2弾稼働直後とは言え、久しぶりに予約されているのを見た気がする。

売上的に去年と比べてどうなんだろう?

体感的には増えていても不思議ない気がしてきた。

雑談はこれくらいで本題いきます。

FOOTISTAが2020になってWCCFに近づいてきたと感じる要素①クラブホットライン含むスキルコンボの深み

やはり、カード選択に深みが出たことは大きいと思います。

特にスキルコンボにクラブホットラインが加わったこと、また、スキルコンボの効果が強化されたことは大きいですね。

レアクラブホットライン含めて、チーム縛りでスキルコンボ入れるのかも含めて戦略にかなり幅があります。

そうなると、カード選びが楽しくなりますからね!

FOOTISTAが2020になってWCCFに近づいてきたと感じる要素②クラブマスターポイントランキング

1人で遊ぶという観点から考えるとクラブマスターポイントランキングは大きいですね。

好きなチームを遊び倒しても称号等が貰えるしランキングがあるって控えめに見ても幸せですよね。

この点においてはWCCFを凌駕していると言っても過言ではないと思います。

クラブマスターポイントランキングはFOOTISTA2020最大の功績だと思いますし、今、プレイヤーが増えているかもと考えられる要因はこれですね!

FOOTISTAが2020になってWCCFに近づいてきたと感じる要素③カップ戦の充実

同じく1人プレイを楽しむ要素という意味ではカップ戦の充実も大きいですね。

とりあえず、たくさん試合があるというのは良い!

特にクラブマスターポイントランキング狙いの人にとってはちょうど良い感じになってます。

今まで通りカードも貰えるし、全部取れば称号も貰えるので良いですね!

FOOTISTAが2020になってWCCFに近づいてきたと感じる要素④リーグ戦のポイント

対人戦も改良があります。

リーグ戦のポイントがウイイレ的な感じである程度数をこなさないといけない仕様になったのは良いですね。

今のポイント制度だと、勝率はそこそこ高めで数をこなす人がポイント稼げる感じですからね。

強いだけじゃなくて量こなせる人もそれなり評価されるのは良いですね!

FOOTISTAが2020になってWCCFに近づいてきたと感じる要素⑤カードの価格相場

最後はカードの価格相場。

ファン・ダイクとかお高めキープしそうな予感がしているのは良いですね。

後はクラブホットライン入って2019のカードが地味に値上がりしているのもトレーディングカードゲーム的には良い気がします。

トレゼゲやジダンみたいに数万円とかピーク時10万円オーバーとかはやりすぎだけど、今みたいに数千円になるのは悪くない気がする。

オススメ関連記事

 

以上、WCCF FOOTISTAブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitter等で紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCF FOOTISTAブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です