FOOTISTA2019 今年の全国決勝当日枠レギュレーション 例年より勝負になりそう!?

FOOTISTA2019 全国決勝当日枠

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今回は今年の全国決勝当日枠のレギュレーションについて書きたいと思います。

レギュレーションの説明とそれに対して思ったことを書いていきます。

FOOTISTA2019 全国決勝当日枠レギュレーション

今年の全国決勝当日枠のレギュレーションはこんな感じです。

  • 本大会のレギュレーションに加えて、以下の条件を追加いたします。
    • 16枚全てが「FOOTISTA 2019」のカードであること。
    • うち8枚が、国籍「日本」であること。
    • 他の8枚の国籍は問いません。
  • 「当日出場枠予選大会」で使用したクラブチームのデータと16枚の選手カードについては、FOOTISTA PLAYER’S CUP ~The ONE~でも同じものを使用していただきます。

引用元:FOOTISTA PLAYER’S CUP公式サイト

FOOTISTA2019 全国決勝当日枠レギュレーションに対して思ったこと

今年の全国決勝当日枠のレギュレーションはFOOTISTA2019カード限定&日本人8人です。

個人的には例年に比べると全国大会でも活躍出来る可能性はあるレギュレーションではないかなと思います。

なぜなら、ガチチームを組んでもコスト制限の関係で旧カードは使っても4~5枚です。

そうなるとFOOTISTA2019限定というのもそこまで足を引っ張らない気がします。

日本人8枚もベンチに5枚置くことを考えればスタメン起用は3人でOKです。

しかも、コストはかなり節約出来るのでその分強いカードを他で使うことが出来ます。

これらを考慮すると例年に比べれば勝負になるレギュレーションではないかなと思います。

ただ、カードを自由に入替出来るのが特徴とも言えるFOOTISTAで全国大会でも同じチーム使ってねは何とも言えない罰ゲーム感はあります。

せっかくだから全国大会は監督Aimeが一緒なら違うチームでもOKだよってすれば良いのではと思いますけどね。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitter等で紹介していただけると幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です