FOOTISTA 第5弾 期待外れの残念なカードたち(グリーズマン、ロブレン、ズーレ)※使用感付き

FOOTISTA 第5弾 期待外れ

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日は第5弾のカードで残念ながら期待外れだったカードを紹介します。

この3枚は数値査定からしても謎査定な3枚です。

  1. アントワーヌ・グリーズマン
  2. デヤン・ロブレン
  3. 二クラス・ズーレ

FOOTISTA 第5弾 期待外れの残念なカード使用感①アントワーヌ・グリーズマン

FOOTISTA第5弾で期待外れの残念なカード1枚目はアントワーヌ・グリーズマンです。

アントワーヌ・グリーズマン(FOOTISTA2019)

90/50/86/78/88/82 total86

スキル フォアチェック

コスト 120

数値はだいぶ良くなってきたけど、トータル数値はあまり上がらずという感じです。

カードデザインはめちゃくちゃ良いだけに惜しい1枚です。

今季もバルセロナで色々なポジションで使われそうなので来年もトータル数値は期待出来なそうな予感ですね。

使用感もなかなか微妙で弱くないけど、他の★5と比べると使わなければいけない理由が見つからないのが辛いですね。

FOOTISTA 第5弾 期待外れの残念なカード使用感②デヤン・ロブレン

FOOTISTA第5弾、期待外れの残念なカード2枚目はデヤン・ロブレンです。

デヤン・ロブレン(FOOTISTA2019)

48/86/67/78/63/71 total85

スキル ペナルティエリアブロック

コスト 100

リバプールでは主に控えDFとしてプレイ。

数値的にも控えDFらしい低めの数値が付いてます。

でも、★3排出というのが微妙です。

控えだし、これなら★2で普通に排出すれば良かったと思います。

少なくとも付録のジョー・ゴメスを★3でロブレンを★2にする方が良いのではという気がします。

謎の1枚ですね。

使用感もかなり悪くてスタミナの減りがめちゃくちゃ早くて前半のうちに数値が落ちることもあるので★3でこれは全くいただけないです。

後、足がめちゃくちゃ遅いです。

FOOTISTA 第5弾 期待外れの残念なカード使用感③二クラス・ズーレ

FOOTISTA第5弾、期待外れの残念なカード3枚目は二クラス・ズーレです。

二クラス・ズーレ(FOOTISTA2019)

38/75/60/73/68/69 total77

スキル なし

コスト 80

ズーレはロブレンより更に謎です。

フンメルス、ボアテングを抑えてバイエルンのスタメンとしてポジションを確保していたにも関わらず★2です。

しかも、数値はめちゃくちゃ低くて★2でも弱い方という感じです。

数値査定は大丈夫?と心配になるレベルです。

使用感も厳しくて、スタミナの減りが早いので使いにくいです。

せめて、パワーとスタミナは+5くらい欲しかった。

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitter等で紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です