閉店が相次ぐ郊外店舗のデータ対戦混雑は深刻かもしれない

データ対戦 混雑

こんにちは、最近、週末のユニバーサルチャンピオンシップ渋滞に困ってるWCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

データ対戦は店舗抜けるのがなかなか大変です。

ということで、昼間につぶやいたこちらのツイートを掘り下げたいと思います。

今日はデータ大戦の店内対戦混雑について書きます。

最近のユニバーサルチャンピオンシップ

私は都心の池袋とか秋葉原とかに平日は仕事の関係で行くので、会社帰りはそちらでプレイしているのですが、休日は埼玉県の郊外でプレイしています。

そこで感じる違和感があります。それはユニバーサルチャンピオンシップの混み具合に差があること。

都心のゲームセンター、池袋、秋葉原辺りは割とユニバーサルチャンピオンシップお一人様があります。

まあ、平日だからというのも多分にあるのですが、月曜日に前日のユニバーサルチャンピオンシップを見ても登録ゼロとかざらにあります。

逆に埼玉の郊外は平日の夜に覗いても2チームくらいユニバーサルチャンピオンシップに出ていますし、週末は3~4チーム出場当たり前です。

しかも2セットあるお店で各トーナメントに2~3チーム登録されているというのだから驚きです。

 

なぜ、郊外店舗はユニバーサルチャンピオンシップが混雑してるのか?

郊外店舗が混む理由ですが、それはゲームセンターの閉店が相次いでいるから

撤去ではなく閉店であることがある意味ポイントで、WCCFは閉店するゲームセンターでもほかのゲームに比べればそれなりに客が付いているので、ゲームセンターが閉店すると近隣店舗にお客さんが流れます。

その結果、ユニバーサルカップに登録する人が増えて、結果としてユニバーサルチャンピオンシップが混雑します。

逆に、私がよく行く、池袋、秋葉原辺りは閉店や撤去があまりないので影響が少ないのではと思います。(私の記憶では池袋、秋葉原でWCCFが撤去されたのは秋葉原のGIGOくらい)

 

データ対戦の混雑解消方法

現在の混雑を解消する方法は簡単でエリア出場チームを増やすことです。

増やし方は色々とあります。

以前の任期終了間際に招待する形も良いですし、店舗から抜けられるチーム数を増やすでも良いと思います。

個人的には8サテライトのお店は準優勝もエリア出場可能にして良いのではないかなと思います。

そうすると、8サテライトあるお店も少なからず稼働が上がるのでSEGA的にもゲームセンター的にもウィンウィンな関係になるはずです。

 

後書き

最近、エリアのCPUが増えてる気がします。ゲームセンターの閉店も相次いでいるので、そろそろ、エリア出場枠の見直し時なのではないかと思います。

ということで、次バージョン辺りでその辺も変わってると良いんだけどな。

 

関連記事

関連記事
WCCF データ対戦用チームの育成基準はこれくらい(スタメン全員キャプチャ付き)
以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

1月にWCCFブログあんてな杯という大会を開催します。

大会参加希望の方はリンク先にてコメントでお願いします。

WCCFあんてな杯が気になる方はこちら

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です