対人戦で守備をする時に使う3つの基本的なカード配置

WCCF 対人戦 守備 カード配置

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日は対人戦で守備をする時に使う基本的なカード配置を写真を交えて紹介したいと思います。

3つのカード配置はスタンダードな配置、中央攻め対策の配置、サイド片攻め対策の3種類です。

一応、私が実践で使ってるカード配置になります。

対人戦で守備する時に使う3つの基本的なカード配置①スタンダード

こちらがスタンダードなカード配置です。

WCCF カード配置

基本的にはサイドをケアするイメージです。

両サイドどちらを攻められても基本はこの配置です。

このままの状態で止めることが出来ればベストですし、止めれないときは配置を変えます。

カードを動かすのが不得意な人は下手に動かすと逆を突かれるのでこれくらいの配置で固定した方が大きな穴が開かないので安定すると思います。

ちなみに片攻めされたからとDFラインを寄せすぎるとセンタリングをあげられた時にマークが外れたりもするので下手に寄せない方が良いとは思います。

対人戦で守備をする時に使う3つの基本的なカード配置②中央攻め対策

中央を攻められた時の対策をしたカード配置はこちら

WCCF DF カード配置

この配置は中央を閉めて抜かれにくいようにしています。

スタンダードな配置と比べてボランチとDFラインを共に中央に寄せています。

ほんの少しの差ですが実際にやると大きく違うので、相手が中央を攻めて来た時は必ず閉めた方が良いです。

相手がスルーパス等で裏を狙うことが多い場合はこのままで全体的にラインを少しさげて対処するのも有効です。

対人戦で守備をする時に使う3つの基本的なカード配置③サイド片攻め対策

サイドを片攻めされた時の対策をしたカード配置はこちら

WCCF 守備 カード配置

基本的にサイドを片攻めされた場合もスタンダードな配置で最初は守るのですが、裏を取られすぎたりして守れない場合はこちらを使います。

この配置は自分にとって左サイド、相手が右攻めをしてきている時の対策をしている配置です。

サイドバックの後ろにセンターバックを置くことで抜かれてもカバーできますし、縦スルーパスで裏を取られやすい場合もカバーが出来ます。

片攻めでセンタリングを狙う相手は横のスペースが空いていてもあまりそこを攻めてはこないので、この配置は有効です。

ただし、相手が逆サイドに展開したり、中央攻めに切り替えてきた場合は素早くカードを基に戻す必要があります。

スタンダードなカード配置でも書きましたが、カード移動が苦手な人はこの配置はあまり使わないほうが良いかもしれません。

対人戦で守備をする時に使う3つの基本的なカード配置 まとめ

私は対人戦で守備をする時に使う基本的なカード配置として上記の3種類を使い分けています。

ちなみにカード移動が苦手な人は③のサイド攻撃対策は使わずに①と②を使い分ける形でも良いと思います。

この辺は自分の使いやすさに分けて使っていただければと思います。

当然ながらこれ以外にも色々と配置はありますので、皆さんも自分に合ったカード配置を考えていただければと思います。

オススメ関連記事

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です