WCCFにおけるカードショップの役割

WCCF カードショップ

こんにちは、今週末は久しぶりに晴れてて遠出しようかと思ったら車検で遠くに行けなかったWCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

今日はWCCFにおけるカードショップの役割について書きたいと思います。

ちなみに、管理人はカードショップに毎月数回は足を運んでいます。(毎週くらい行ってるかも)

 

WCCFとカードショップの関係

まずはWCCFというゲームとカードショップの関係について書きたいと思います。

簡単に言えば、非公認パートナー。

メーカーとしては中古のカードとして市場が出来るのは嬉しくないのですが、WCCFの場合、普通のゲームと少し違う側面もあります。

それはシーズン毎にカードが決まっていて、決して復刻することがないという点です。

レジェンド系のカードはまだしも現役選手のカードは復刻することはありません。

つまり、トレーディングカードにおいて本来はメーカーと争う相手になるはずの中古カードショップがある意味ゲームの深みを担保している部分もあります。

そういう意味で非公認パートナーと考えました。

 

WCCFにおけるカードショップの役割

実はWCCFにおいてはカードショップの役割は非常に大きいです。

なぜなら、現役選手のカードはシーズンが変われば2度と同じカードが出てくることは無いからです。

つまり、最新のシーズンから始めた新規ユーザーにとっては過去カードを手に入れる唯一の手段がカードショップとなります。

新規のWCCFプレイヤーを過去と繋げる存在、それがカードショップの役割かなと思います。

ゲームセンターでのトレードが絶滅しているも等しい現状から考えると、カードショップはWCCFを発展、存続させていく上では非常に大きい役割を担うことになると思います。

 

SEGAはカードショップをどう思っているのか?

少し目線を変えてメーカーであるSEGAはカードショップをどう思っているのか?

SEGAというメーカー視点から考えると無くしたいと考えていたのかもしれません。

理由は三国志大戦の紐付けです。

ただ、あの取り組みは大失敗で、簡単に言えばカードショップに儲けさせるくらいなら自分たちが儲けてやるぜ的な考え方です。

失敗した理由は簡単、トレードでお金が掛かる、刷るのにお金がかかる、プレイしないとすきなカード手に入れるポイント手に入らないというめんどくさい仕様だったからです。

結果としては転売屋も一層したけど、ライトユーザーも一層するという悲惨な状況になりました。

強いカード手に入らないライトユーザーは勝てないですからね。。。

 

WCCFでは間違ってもカードショップ潰すようなことはしないで欲しい

三国志大戦の悲劇を見れば思うことはないと信じていますが、WCCFであの仕組むを入れたらまちがいなくゲームは終わります。

WCCFのカードは三国志大戦と違って過去カードを刷ることは出来ないですからね。

そのバージョンで引けなかったら終わり、オンライントレードがあったとしても機能しない可能性が高いです。

そうなると、ゲームとしては必然的に客が飛ぶ方向になります。

なので、今のままをカード排出に関しては維持する方が得策だと思います。

 

まとめ

色々ととっ散らかしましたが、カードショップはWCCFにとって非常に大切です。

間違ってもSEGAが潰すようなことをしないことを祈っています。

 

関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

1月にWCCFブログあんてな杯という大会を開催します。

大会参加希望の方はリンク先にてコメントでお願いします。

WCCFあんてな杯が気になる方はこちら

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です