カードラインナップはもう少し工夫して欲しい(特に通常レアカード)

WCCF カードラインナップ 改善案

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日はWCCFのカードラインナップについて書きたいと思います。

特に通常レアカードや白黒カードが似たようなカードばかりになっているので、その辺を解消するだけでカードを引く楽しみも増えるのではないかなと思います。

問題点と改善案を書いていきたいと思います。

カードラインナップ改善案①通常レアカード

2.0のカードラインナップを見るとわかりますが、国別スターズのレアカードの魅力がなさすぎです。

上級レアカード>付録レアカード>通常レアカードという階級を作りたいのは理解できるのですが、通常レアカードに使いたいと思えるカードが少なすぎるのは問題です。

例えばですが、上記の階級を守りつつ工夫をするなら、アリソンみたいにトータルは高いけど、GKとして必要な数値がそこまで高くなく、KPがGKファストフィードとマイナーなKPのカードなんかは普通にレアKP付けてあげれば良いと思います。

他にも数合わせでレアカードにしたであろうポルトガルのアンドレ・シウバやジェルソン・マルティネス辺りも然りです。

各国1枚くらいはレアKPが居ればそれなりに楽しめると思うのでそういう小さな工夫はしたほうが良いです。

後はバラン、オタメンディ、ストーンズ辺りは個人守備重視のレアKPで出してもNEW8だけど明らかにラモスやチアゴ・シウバの下位互換ということで選択に悩む1枚になるはずなので、そういうところは意図的に狙った方が大会のメンバーもばらけて面白いと思います。

カードラインナップ改善案② 黒カード

黒カードも以前から書いていますがコンビKP増やした方が面白いと思います。

今年はラインコントロールのレアKP「支配のデュオ」のみですが、こちらも毎年2~3組みは出したほうが強くないかもだけど使ってみようかなという人はいると思います。

後は極端に低い数値の黒カード、80台前半のカードで何枚かレアKPを混ぜても面白いと思います。

特に今年もスポルティングとか新排出チームのユニ縛りを全国大会の最終枠で使うならスポルティング辺りにはそういうカードを入れておくと面白いはずです。

カードラインナップ改善案③ 白カード

白カードに関してはキャンペーンや付録で87以上の高数値カードを出していますが、1枚くらいは通常排出に持ってきても良かったと思います。

平凡なレアカードしか引けない日でもそういう白カードを引くとお得な気分になったり昔はしていたので、そういう要素が翌日以降もプレイしようというやる気につながるので重要です。

そのカード自体が強いか弱いかはそこまで求めていないので、見た目上の数値が高いでも十分良いと思います。

カードラインナップ改善案 まとめ

通常レアカード、黒カード、白カードと各カテゴリー毎に改善案を書いてみました。

これらの改善案は予算がかからなくてもきっと出来る工夫なので、こういう細かい工夫を積み重ねて稼働を稼ぐことも視野にいれた方が良いと思います。

FOOTISTAでもスキル機能があるので、そちらでもレアスキルとかきっとあると思うので、そういう点で工夫がされていると良いなと期待してます!

3.0はお手軽に引けるカードの中に楽しめるカードがあると良いなと思います。

オススメ関連記事

通常レアカードはこちらにも書いてるので興味あるかたは読んでみてください!

ゲームメイクの使用感は大幅に追記しました、一応、一番ゲームメイクのことがしっかり書いてあると思います

WCCF FOOTISTAの情報は随時追加予定です

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です