カード配置まとめ(オフェンス、ディフェンス、キックオフ)

WCCF カード配置

こんにちは、WCCFブログあんてなです。

今日は先日まで書いていたカード配置記事のまとめをしたいと思います。

オフェンス、ディフェンス、キックオフで色々とカードの配置があります。

ちなみに、オフェンスはゲームメイクの配置なのでダイレクトプレイやロングパスだとまた違う配置になります。

オフェンス時のカード配置(ゲームメイク)で大切なこと

ゲームメイクで攻める時に大切なカード配置はキープレイヤーとFWの距離です。

ゲームメイクの魅力は高速パスなので、キープレイヤーとFWをいつもより距離を離してあげると良いパスが出ます。

カウンター時は一撃必殺感のあるドッカンパスが出るので決まると気持ち良いです。

ゲームメイクは中央攻めは苦手なので素直に他のKPに変えましょう。

▼詳細はこちら▼

ディフェンス時のカード配置で大切なこと

ディフェンス時のカード配置で大切なことは相手の攻めたかに合わせて配置を変えることです。

相手がサイドを攻めて来てるのか、中央をせめて来ているのかを見極めてカード配置を適切にすることが大切です。

今は少しのカード間隔を調整するだけでも大きく変わるのでその辺りはしっかり調整しないといけないと思います。

記事ではあまり書いてないですが、5バックを横に広げるのはサイド攻撃は防げますが中央は弱いので必ず対策しましょう。

▼詳細はこちら▼

キックオフ時のカード配置で大切なこと

キックオフ時のカード配置は主に2種類。

中央攻めかサイド攻撃かの2種類です。

どちらもハマれま得点出来ますが、カード配置は人によって微妙に違うので、相手のカード配置を見つつ工夫してみると面白いと思います。

得点決まった時は快感なので、カード配置の中でもかなり研究する価値のあることなので、色々と試したい人はキックオフ研究するのがオススメです。

▼詳細はこちら▼

カード配置について

WCCFにおいてはカード配置は非常に重要で色々と試すのが面白い要素です。

是非、皆さんも色々と試してみてください。

FOOTISTAでもカード配置の要素が残ると良いな~

オススメ関連記事

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です