ぬくぬく杯用アルゼンチン縛りの使用感まとめてみた

WCCF アルゼンチン 使用感

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

ぬくぬく杯用に準備していた5Rアルゼンチン縛りがほぼ完成したので、簡単にではありますが、各選手の感想をまとめてみたいと思います。

尚、使用感ほどガッツリ書かないので、感想レベルになります。

チームは以前に「WCCF アルゼンチン縛りも組んでみた」で紹介したメンバーと同様になります。

ぬくぬく杯とは?

チームを紹介する前に簡単にぬくぬく杯について紹介します。

ぬくぬく杯は「既婚者がお小遣いで蹴るWCCF」でお馴染みのぬくぬくさんが開催するWCCFの大会です。

レギュレーションは国縛りフリー、大会は関東と関西の両方で開かれる大きな大会です。

ぬくぬく杯の詳細はこちら

ぬくぬく杯用アルゼンチン縛り各選手の使用感(感想)

WCCF アルゼンチン縛りも組んでみた」で組んだチームの各選手の使用感(感想)を書きたいと思います。

各選手の評価もダメ・微妙・普通・良かった・超良かったの5段階で書いときます。

GK

セルヒオ・ロメロ(PKセービング)

セルヒオ・ロメロ

評価:微妙

ロメロの使用感ですが、セービングはなかなか良いのですが飛び出しが少し遅く感じます。

特にコーナーキックの飛び出しはキャッチ出来ないリスクがあるので悩ましい感じです。
モードで多少速くなると良いんですけどね。

DF

ワルター・サムエル(05-06 黒)
ニコラス・オタメンディ(17-18 黒)
ファクンド・ロンカリア(16-17 白)
フェデリコ・ファシオ(17-18 白)
ガブリエル・エインセ(10-11 白)

編成と言うかポジションを少し変えました。

マスチェラーノはボランチに変更して、DFラインのスタメンは左からエインセ、サムエル、オタメンディ、ロンカリアで組んでいます。

各選手の使用感を簡単に書きます。

ガブリエル・エインセ

評価:普通

かつての優良白と言えるレベルの輝きが有ったかと言われるとそこまでではないという感じです。

具体的に言えばスタミナの減りが少々早いこと、それに伴い、後半の守備が緩くなりやすく、明らかに後半は抜かれる頻度が高くなります。

裏を取られるのは選手の特性というより17-18の特性なので致し方なしという感じです。

ワルター・サムエル

評価:良かった

相変わらず良い。

黒カードですが並のレアカードDFより守れるので守備が安定します。

1対1で抜かれることは少なくカバーも早いのでアルゼンチン人DFで最も頼りになるDFの一人。

ニコラス・オタメンディ

評価:普通

黒カードですが優良白カードとそんなに変わらないかなというレベル。

弱くはないが、黒カードとして良いか、特にサムエルと比較した場合には抜かれることが多いので微妙かなという感じです。

ファクンド・ロンカリア

評価:普通

動きだけで言えば良かったかもですが、退場することが度々あるのでその点がマイナスかなと言う感じです。

ボール奪取自体は悪くないです。

フェデリコ・ファシオ

評価:微妙

基本はサブですが、右センターバックとサイドバックで起用しました。

スピードの遅さが目立つのでサイドバックは止めた方が無難です。

ボール奪取は悪くないし、空中戦も弱くないのでセンターバックなら悪くないかなという感じです。

MF

ハビエル・マスチェラーノ(15-16 SOC 個人守備レアKP ハンティングドッグ)
ファン・セバスティアン・ベロン(13-14 ATLE ゲームメイクレアKP ラブルヒータ)
ディエゴ・シメオネ(16-17 ATLE)
エステバン・カンビアッソ(11-12 黒)
ハビエル・サネッティ(11-12 黒)
アンヘル・ディ・マリア(17-18 黒)

スタメンは左からカンビアッソ、マスチェラーノ、シメオネの3ボランチにトップ下ベロンです。(ベロンはトップ下というかセントラルくらいの少し低め)

各選手の使用感は

エステバン・カンビアッソ

評価:超良かった

左利きのボランチということで左で使いましたが、ボール奪取も良かったですし、こぼれ球を拾って中に切れ込んでシュート打ったり、サイドすり抜けてセンタリング上げたりも出来るので非常に良かったです。

スピードはダビッツ辺りに比べると劣るのですが、左ボランチとしてかなりレベル高いと思います。

ハビエル・マスチェラーノ

評価:良かった

守備範囲が広めでしっかりと追いかけてくれてボールが取れるので良かったです。

ただ、スタミナの減りが少々早いのとシュートに安定感が無く、たまに枠外に飛ぶのは少し残念でした。

ディエゴ・シメオネ

評価:普通

動きはそんなに良くなってませんでした。

守備は相変わらず良いですが、凄く良いかと言われれば・・・という感じです。

シュートは相変わらず不安定、というかディフェンダーより下手かもというくらい枠外にいくこともあるので、どんな設定なんだと疑問を抱きます。

セバスティアン・ベロン

評価:良かった

パスは正確でシュートも上手くなっていて得点力上がっている感じです。

ヘディングも並に出来るのでなかなか使いやすいです。

守備に関してもそこそこボール取れるので中央セントラルくらいでゲームメイクさせるならかなり良い感じだと思います。

ただ、スピードはあまりないのでサイドに振るのはオススメしません。(適性も低いはずなので)

ハビエル・サネッティ

評価:良かった

主にサブですが、右ボランチに交代で出場することが多かったです。

普通にボール取れてサイドも駆け抜けてセンタリング出来るので使いやすいです。

アルゼンチンで勝ちに行くならシメオネ外してサネッティスタメンでDFラインにアジャラかパサレラ入れた方が良いかもという感じです。

それくらいボランチ起用は問題ないです。

アンヘル・ディ・マリア

評価:普通

主にサブですが、トップ下、左ボランチに交代で出場することが多かったです。(左ボランチは適性低いの承知で起用しました)

パス・ドリブル共に並という感じで特徴があまり見えなかったです。

もちろん、ウイングで使うべきという意見もあると思いますが、以前にウイングで使った時も特徴は見えなかったのでWCCFでは上手く表現出来てない選手なのかなという感じです

FW

マリオ・ケンペス(ATLE)
セルヒオ・アグエロ(13-14 ARS ラインブレイクレアKP 強行突破)
カルロス・テベス(08-09 黒 スーパーサブ)
ガブリエル・バティストゥータ(01-02 黒 スーパーサブ)

スタメンはツートップで左がケンペスで右をアグエロという形で起用しました。

各選手の使用感は

マリオ・ケンペス

評価:良かった

想像していたよりだいぶテクニシャン。

クレスポみたいなイメージをしていたので、ドリブルでフェイント入れたり、サイドで切り返してセンタリングしたりテクニックが結構ある印象です。

シュート自体は強いのでストライカーとしては申し分ないです。

スピードがそんなに速くない(体感的には16くらいかな)のでその点が少し気になりますが、それ以外は気になるところは無い感じで全体的にハイレベルです。

セルヒオ・アグエロ

評価:良かった

ある程度計算が立つ選手でしたが、計算通り良い動きでした。

裏への抜け出しも速いですし、サイドも問題なく動くので使いやすいです。

シュートもドリブルも良いので、ラインブレイクのレアKP使うならU-5で選択肢になり得ると思います。

カルロス・テベス

評価:非常に良かった

スーパーサブ発動で途中出場が多かったです。ツートップの右で起用。

スーパーサブ発動効果もあり、力強いドリブルと強力なシュートでゲームの流れを変えてくれました。

センタリングも普通に上げるので穴が無くスーパーサブとして非常に良かったです。

ガブリエル・バティストゥータ

評価:普通

主にスーパーサブで起用しました。投入ポジションはツートップ左ですがストライカーに専念させる形にフォーメーション変更して起用しました。

シュート、合せに関しては非常に強かったです。

ただ、出来ることは限られ、ドリブル等はあまり期待できないので注意が必要です。

ゴールパフォーマンスが懐かしくて良かったです。

ぬくぬく杯用アルゼンチン縛り総括

まず、このチームに関してはサネッティの使用感でも書きましたが、ガチで勝ちに行くならDFにレアを起用するべきかなという感じです。

後はプレースキックをベロンが蹴れないのが誤算で、FKとCKキッカーが微妙というのは少し弱点かなと思います。

そういう意味ではメッシやマラドーナはアルゼンチンやるなら入れた方が良いのかなという感じです。

 

WCCFカードがお得に買える方法

WCCFカードに限らないですが、Amazonで今ならギフト券を買うことでお得に買い物することが出来ます!

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

 

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

3 Comments

サラバン

コメント失礼します。
この記事のようなチーム紹介兼使用感を一人一人評価したブログとても勉強になり好きです。またやってくださいね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です