WCCF 17-18 3.0稼働時期が前倒しされた理由

WCCF 17-18 3.0 稼働前倒し

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人です。

今日は急に発表されたWCCF17-18 ver.3.0稼働前倒しについて書きたいと思います。

昨日、こんな感じで急に稼働前倒しが発表されました。

なぜ、急にバージョンアップを1週間早めたのか?

そこにはきっと理由があるのでそれを書いてみたいと思います。

WCCF 17-18 3.0バージョンアップを早めたポジティブな理由

まずはポジティブに考えた場合の理由を書きます。

それはぶっちゃけ想定より稼働が良くてカードの在庫が無いから。

公式大会開催予定の店舗に行ってみるとわかるのですが、関東も今年は例年とは少し様子が違います。

例年だと32位以内にいれば出れそうだな~、みたいな感じだったのですが、今年は16位で12,000ポイントもいってるの?みたいな感じになってます。※実際、去年はほとんどのお店でじゃんけんもしくは定員割れがありました

この感じだともう少しポイント入れとかないと出れないかもって感じになってます。

つまり、稼働が去年より良いんですね。

店舗予選開催するお店が減ったからなのか、WCCFオリジナルタイトルとしては最後だからなのかはわからないですが、例年より都市部では予選ランキングが熱いのは間違いないと思います。(関西はもっとヤバイらしい・・・)

ということで、想定よりもカードの在庫が薄いお店が多く、先週くらいから旧カード排出してるお店とか出てきていてSEGAも在庫がないからバージョンアップ早めようかという決断をしたという可能性はあります。

WCCF 17-18 3.0バージョンアップを早めたネガティブな理由

店舗予選開催しないお店に行ってないからわからないのですが、予選の無いお店が閑散としてる可能性はありますよね。

この辺りは誰か情報を貰えるとありがたいです。

後はカードプレゼントキャンペーンから間を空ける必要性はあまりないので、そこを詰めたという可能性もあります。

また、ネガティブではないけど、バージョンアップすると動きが変わるのと、新カード使うかも需要で公式大会前に少し時間があるとガチ勢が稼働してくれそうという期待もあるのかもしれません。

WCCF 17-18 3.0バージョンアップを早めた理由 まとめ

こんな感じでポジティブにもネガティブにも捉えられていますが、実際にお店に足を運んでいる人はわかると思いますが、公式大会熱が今年は去年より高く感じます。

そういった点からも私はある意味ポジティブな理由(カード足りない)で前倒ししたのではないかと思っています。

とりあえず、来年はFOOTISTAになるけど、現行WCCFに熱があるのは良いことなので、この勢いを活かして欲しいですね!

オススメ関連記事

 

以上、WCCFブログあんてな管理人でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

2 Comments

マラドーダ

家から近いラウンドワンが2店舗閉店。今、通っている所も平日閑古鳥が鳴いてます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です