マンツーマンディフェンス、カバーリング重視、組織守備重視が良い?

WCCF マンツーマンディフェンス

SHARE

マンツーマンディフェンス、カバーリング重視、組織守備重視が良い?

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

昨日は残業が多くてバージョンアップ後、初めてプレイ出来ませんでした。

今日は頑張ってプレイしたいと思います。

本題に入ると、今回はディフェンスKPについて書きたいと思います。

個人守備重視がダメになっていて、何を使うべきか色々迷うところですが、現時点で私が考えていることを書きます。

16-17に比べて個人守備重視が弱くなった

まずは16-17から17-18に変わって変化があるので、その点について書きたいと思います。

16-17の最後の方は個人守備重視が一強とも言える感じになっていましたが、17-18では明らかに動きが悪くなりました。

特に裏へのスルーパスが通るのでサイドから崩されることが多くなりました。

その点から違うKPを模索する必要があるだろうというのが今回の記事を書いた目的です。

マンツーマンディフェンスどこが良い?

マンツーマンディフェンス、一番の利点は個人守備に比べて裏を取られにくいことがメリットです。

マンツーマンと言いつつ、理不尽なマンマーク的な動きは見受けられないので、イメージ的には以前の個人守備に一番近いのではという感じがしています。

ただ、デメリットとしてレアKPが17-18で新しく出たLEUタソッティしかいないということです。

カバーリング重視のどこが良い?

カバーリング重視もマンツーマンディフェンス同様に裏を取られにくいというのが共通してあります。

また、抜かれた際に素早くカバーリングしてくれるので1対1で抜かれた時にカバーしてくれるので良いです。

デメリットとしてはディフェンダーにスピードが無いとカバーリングしようと動くのですが間に合わなくてポジショニングがズレて穴が空くという点です。

人選をスピード重視に考え直す必要があるのかなと思います。

また、プレスが緩くなる試合もあるので、その場合はプレスボタンを押すか違うKPに変えて対処する必要があるかなと思います。

組織守備重視のどこが良いの?

こちらもマンツーマンディフェンス、カバーリング重視同様に裏を取られにくいというメリットがあります。

ただ、カバーリングよりDFラインが後ろに引っ張られる気がしているので個人的には組織守備よりカバーリングの方が良いのではないかなと思っています。

また、デメリットとしてDFラインが後ろに引っ張られる要因とも言えるのですが、プレスが緩くなることがあります。

ディフェンスKPまとめ

今回はマンツーマンディフェンス、カバーリング重視、組織守備重視を取り上げましたが、インターセプト重視も悪くないですし、まだまだ見えてない部分もあります。

一応、現時点でオススメKPを挙げるならマンツーマンとカバーリングがイチオシで組織守備重視がセカンドグループという感じです。

マンツーマンはレアKPが無いからカバーリングと同等としていますが、WCBチアゴ・シウバがレアKPになるなら単独1番手評価としても良いかなという感じです。

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

 

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です