WCCF 17-18 データ対戦攻略のヒント見つけた

WCCF 17-18 データ対戦

SHARE

WCCF 17-18 データ対戦攻略のヒント見つけた

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

週末は毎回10クレジット以内にレアが出なくてレアは深いし、配列は何もないしで60クレジットくらいプレイしてワールド系レア4枚と残念な引きでした。

しかし、パック頭でダメな配列ばかりあたるのは萎えるな・・・

白黒カードは欲しいカードがほぼ全て揃ったのである意味良かったです。

 

今日はデータ対戦攻略のヒントを通常時のプレイと先週末のJAPAN、WORLDの結果から見つけた気がしているので記事にしたいと思います。

主にポイントは2つあると思っています。

データ対戦勝つのにPKセービングは必要

これは通常時のプレイ中に感じていることなのですが、明らかにPKセービングを指定している時とそうじゃない時でPK戦の勝率が違うと感じています。

シュートセービング辺りで挑むとCPUでも相手GKがPKセービングだと普通に負けたりするので怖いです。

オーシャンズカップで16-17スターズと対戦した時に相手GKがナバスでこちらがPOYノイアーだったのですが、あっさりとPK負けしました。

再試合でハンダノビッチに交代したら普通に勝てました。

まあ、偶然もあると思いますが、体感的にはサポートKPの効果が17-18は大きいのでデータ対戦でも設定が必要なKPになるのではないかという気がしています。

動いてるチームはKP指定が無くてもKPが発動

こちらは先週のJAPANとWORLDの結果を見ていて気付いたのですが、先週、2冠を達成しているチーム、サポートKPはPKセービングなんですが、右センターバックのダビド・ルイスがガンガン上がります。

放映されていた準決勝・決勝でもダビド・ルイスがオーバーラップしてきて、たくさんゴールを決めていました。

恐らく、リベロディフェンスの効果が出ているのではと思います。

これは以前からあるのですが、通常時のプレイで使い込んでいるKPがKP指定を解いても発動することがあります。

正直、たくさんプレイしているから発動というわけでもなく、必ず発動する方法はないのではと思っているのですが、体感的には動いてるチームはこの現象がよく起きると思っています。

つまり、JAPANやWORLD勝てるレベルのチームなら当然ながら動いているので自然と上がっていたという感じなのだと思います。

なぜ起きるのかが解明出来れば攻略要素になると思いますので、気にかけていきたいと思います。

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

3 Comments

ミチコ

急ですみません、私もダビドルイスのKP指定無しでオーバーラップは疑問でした、
オーバーラップについて他に考えられるとしたら追加能力のリベロの可能性もあるかと思います。

返信する
ディアブレス

追加能力でリベロが付いている可能性はありますね。

リベロ付けたことないのでわからないですが、あんなにガッツリ上がっていくのですかね?もし、そうならかなり強い追加能力ですね。

後は以前からKPを解除してもKP指定しているかのように動く場合はあるので、その可能性も当然あると思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です