WCCFの思い出を振り返る① 01-02時代

WCCF 01-02

こんにちは、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

今日は少し昔話をしたいと思います。

WCCFが可動を始めた2002年、01-02時代の思い出を書いてみたいと思います。

ちなみに、同じような記事を過去に書いていて、「wccfの歴史を振り返る① 01-02~02-03時代」という記事のリメイクみたいな感じになります。

WCCF 01-02 が稼働した頃

当時の記憶が鮮明に残っているわけではないのですが、WCCFは2002年のワールドカップをターゲットに作られていたのではないかなと思います。

SEGA的にはダービーオーナーズクラブ(以下DOC)で開拓した大型筐体路線の2作目?(DOC2の後かな)としてWCCFを日韓ワールドカップの2002年に合わせて出してきたのではと思います。

ちなみに、ダービーオーナーズクラブに関しては2が劇的な大ゴケをしたため、WCCFに入れ替えるお店、もしくは併設されてるうちにDOCが消えるお店が多かった気がします。

WCCF 01-02 時代の思い出

とにかく、プレイするのが楽しかった。

ただ、並びも半端なかった!

当時、大学生だったのですが、確か夏場に稼働スタートだったので、アロハシャツとか着て朝からゲーセン行ってたのですが、まあ、平日なのに朝から並んでましたよね。

スーツのサラリーマンとかも普通に居て、仕事は?と聞きたくなるような感じでしたが、朝から満席。

500円2クレジットなのに1,000円交代制とかで大変でした。

ゲームの中身に関してはシュートボタンとGKボタンが操作できるという現在の原型はあったけど、あまり記憶にない(笑)。

とにかく、カードが欲しかった。

WCCF 01-02 カードの思い出

カードが欲しかったということで、カードの思い出が一杯あります。

とにかく、カード引くのが楽しくて、数値の高い黒カードでも嬉しかったし、レアカード出た時なんて歓喜でした!

確か、50枚1パックにレアカードが0~2枚という感じだったので、交代制の中で1日プレイして1枚レア引けるかどうかという感じでした。

もはや、90以上くらいの黒カードならレアカード並に嬉しかった、黒のメンディエタとかダビッツとか引いたら普通に今のPOY引くくらいの嬉しさはあったと思います。

後は数値に20が付くのがレアだったので、トータルが高くなくてもアルメイダとか嬉しかった記憶があります。

バッジョなんて普通にレアカード並だったし、数値無視で使ってましたね。

この頃は本気でカードのコレクションが増えるだけで満足感得て帰ってましたね。

レアカードは物によっては滅茶苦茶高くて、MVPトレゼゲとか普通に2桁万円でしたからね。

引けなかったけど、引いたら震えるレベルだったに違いない。

とりあえず、この頃はカードに始まりカードに終わるくらいカード引きたくてしょうがなかったな~。

たぶん、続く(そのうち書きます)

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

この記事、面白い、為になった、役に立ったと思った人はTwitterで紹介していただけると幸いです!

注目情報

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなを運営しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です