熱い使用感サンプル ジョージ・ベスト(08-09 ATLE)

こんにちはWCCFブログあんてな管理人(@saarasu)です。

今日は先日、募集をしていた熱い使用感のサンプルを書いてみたいと思います。

超久しぶりに書くので、ダメだし歓迎でこれが足りないとか皆さんで添削していただけると幸いです。

今回、サンプルとして取り上げるのは5人目のビートルズとも呼ばれたマンチェスターユナイテッドで活躍したジョージ・ベストです。

 

ジョージ・ベストってどんな選手?

ジョージ・ベスト(George Best, 1946年5月22日 – 2005年11月25日)は、イギリスベルファスト出身の元サッカー選手北アイルランド代表であった。ポジションはフォワード(ウイング)。マンチェスター・ユナイテッドFCにおいてボビー・チャールトンデニス・ロー等と共に「聖なる三位一体(ホーリー・トリニティ)」あるいは「黄金のトリオ」と呼ばれて1960年代に一時代を築き、それまで労働者階級のスポーツであったサッカーにおいて階級を超えた人気を博した。

アイドルのような容姿とピッチ上の活躍からエル・ビートル5人目のビートルズと呼ばれた。

マンチェスター・ユナイテッドに在籍した11シーズンでリーグ優勝2回を果たし、1967-68シーズンには28得点を挙げ得点王に輝いた。

1968年にはUEFAチャンピオンズカップで優勝して史上最年少でバロンドールを受賞している。

ジョージ・ベスト ウィキペディアより引用

ちなみに、ジョージ・ベスト のウィキペディアに写真が載っていますがかなりイケメンです。

ただ、そのイケメンゆえと言うか、過熱する報道ゆえにストレスが溜まり酒に溺れてアルコール依存性になったりと私生活が乱れていたと伝えられています。

尚、SEGAは過去に不祥事起こしている選手には厳しい説があり、アルコール依存性になったからなのか、罰ゲーム的な数値が与えれてる気がします。

 

ジョージ・ベストの使用感

私はほぼマンチェスターユナイテッド5Rチームの右ウイングにて起用しました。

KPはムービングパスワーク(たまにクロス重視)、プレス重視、ダイナモで起用しました。

フォーメーションは4-4-2で通常時はノーマルツートップでプレイしてデータ対戦登録時は右攻めで登録しています。

ジョージ・ベスト(08-09 ATLE)

所属クラブ:マンチェスターユナイテッド

背番号:7

ポジション:FW

生年月日:1946/05/22 (満59歳没)

身長/体重:175cm/65kg

国籍:北アイルランド

ニックネーム:ベスティ、エル・ビートル

利き足:右スキル:ロックンロール

特殊実況:エル・ビートル

スーパーサブ:テクニックup(45分)

チーム士気:

ビッグマッチプレイヤー:

ジャイアントキラー:

適性(CP/FK/CK/PK):B/S/S/A

トレーニングメニュー:フィジカル◎

求める役割:エース◎

18/1/20/14/19/12 total84 ※ロケテ公開時の数値

KP ドリブル重視

 

まず、最初に使用感を書く前に数値がロケテ公開時とだいぶ違うのではないかと感じているので、ロケテ数値無視して私の予想数値を書いておきます。

20/3/20/14/20/14 total91

オフェンスとスピードは20と言われても違和感ないと言えます。

スタミナもダイナモS入れれば1試合普通に持つので14くらいが妥当なはずです。

 

使用感を書かせていただくと、オフェンス20にした理由でもあるのですが、基本的にヘディング弱い以外はオフェンス面は大きな穴はありません。

ドリブルはフェイント入りまくりでセンタリングも高速です。

シュートに関してはヘディングは激弱ですが、ドリブルからのシュートはちょっと弱めくらいですが、コースはしっかり狙うので入ります。

パワー14としていますが、ドリブル中にふらついたりはないので、最低限のパワーはあると判断しました。

ディフェンスは基本的にボール取れないですが、希に上手くボールとDFの間に入って取る時があるので3くらいはあるのではないかと思いました。

スタミナはダイナモSなら1試合余裕で持ちますし、ダイナモなくてもギリギリ持つことを考えると14くらいが妥当な印象です。

連携に関しては基本的にマンチェスターユナイテッドの選手でも大半は細線止まりなのでかなり悪い方だと思います。

薄細線もたくさんいるので、リストバンドで繋ぐにしてもまあまあ苦戦するかと思います。

 

最終評価

最後に全体の評価をすると、ウイングで固定して使うなら動き自体はかなり良いです。

マンチェスターユナイテッド縛りとかやるなら全然オススメ出来るレベルにありますし、連携はリストバンド山のように使って繋げるならデータ対戦用チームで使うのも悪くないと思います。

ただ、ベストは使用感が良いから使うとかではなく、彼の現役時代の印象を見て、とりあえず使ってみようと思える人が使うのが一番です。

本来はKOLEになっていてもなんら不思議ないレベルの功績を残している選手ですので、1度は使ってみることをオススメします。

最後に個人的なイメージでジョージ・ベストを語るならゴールの少ないメッシくらいのイメージです。

ユーチューブに動画がありますが、かなり凄いです。

当時のキックアンドラッシュ全盛期であろうイングランドサッカーを考えるとかなりの異端児です。

KOLEでもおかしくない実績を考えると、数値的にはトータル95~7くらいが妥当な選手だと思います。

最後になりますが、コメントでもいただいている通り熱さが足りないのは申し訳ないです。

次は現役時代をガッツリ知っている選手で熱く書いていきたいと思います。

割と長々と使用感を書いてみましたが、以上になります。

 

お知らせ

現在、以下のWCCFアンケートをTwitterにて実施していますので、皆さん是非とも参加と拡散をお願いします。

 

以上、WCCFブログあんてな管理人(@saarasu)でした。

注目情報

大会参加希望の方はリンク先にてコメントでお願いします。

WCCFブログあんてな杯のお知らせ

人気WCCFブログが一覧出来る!
WCCFブログあんてなに参加しています。

WCCFあんてな人気記事ランキングはこちら

5 Comments

ヤバピルロ

 熱いと煽られていましたので、期待していましたが、何かスカされた感じですね。

 使用感ですから仕方ないですが、結局、お薦めなのかはたまたいまいちなのかどっち付かずな曖昧な感じ(批判を受けない様な書き方)で、拍子抜けしました。

 選手自身の魅力は、既に皆さん御存知かと(カードを裏返せば済む話しを今更されましても)

選手本人の魅力とカード自体の使用感が、かけ離れて要るのか?其れを差し引いてもカードとしては、強いから敢えてお薦めするのか

此の辺りは、切り離して考えないとも感じましたが、

個人的には、ゲーム脳の方の使用感記事てツマラナイですが、求められて要るのは、ゲーム脳な文章でしょうね。

 それ故に中途半端と感じた次第

 

返信する
タバレス

お世話になります。あんてなに登録させて頂いているタバレスです。
個人的にはとても面白かったですし、参考になりました。
イングランド抜きのイギリス縛りで使ってみようかと思います。
使用感に記事は使っているKPやフォーメーションにもよるので批判はある程度出てくると思いますが、出来るだけ書こうかなと思いました。

返信する
WCCFブログあんてな管理人

申し訳ないです。

自分も書いているときに使用感の最低限のクオリティはありましたが熱量は足りないなと感じていました。

理由としてはリアルタイムで見たことある選手じゃないからなのではないかと思い、次は自分が好きな選手(好きだった選手)を取り上げたいと思います。

返信する
atles

熱量がありすぎると長文になりがちなので簡潔に要点絞る方がいいかもです。
あとは基本ゲーム的要素を押し出す記事にしてリアルの選手の背景をそこに比較していく感じにしたらより伝記を読みたい人、ゲームでどれだけ強いか知りたい人双方興味を持つのかなと。

あとは画像ですね。.netの成績、GT戦績、メンバー、自動成長連携は最低限欲しい。やっぱり百聞は一見に如かずですし

まぁ使用感やめた自分が言うのもなんですがw

返信する
ディアブレス

ちなみに、長文にするとSEO的に評価が高く検索順位で上位が取れるので、役に立たない使用感を駆逐出来るというメリットがあります。

真面目に使用感書くなら、選手の経歴とか熱く語って上位表示させる戦略は使用感界のレベルを上げる意味では良いかも(笑)

確かにGT戦績は対人戦でどうだったを語るなら合った方が良いですね。

メンバーと自動成長連携は合った方が良いとのことなので、出来るだけ載せたいと思います。(次があるのか!?)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です